HOME野球の用語解説/ラ

野球の用語解説

         
         
        
         
         
※基本的にプロ野球で使われる場合の用語解説です。メジャーリーグや高校野球、草野球などでは同じ用語でも意味合いが多少異なる場合がありますので予めご了承ください。

Google
 

ライト
右翼手のことで、ライトフィールダーとも言います。外野手の一人で1塁の後方を守ります。
【ちょっとひとこと】
レフトとライトはどっちが左でどっちが右だったっけ?と初心者には覚えにくかったりします。レフトは左でライトは右なのですが、この左右はキャッチャーから外野フェンス方面を見た常態での左右になります。
また、野球に限らずレフトはL、ライトはRの略称で示されることが多いのですが、この場合も「どっちがLでどっちがRだったっけ?」となりがちです。そんな時は自分の両手をチラッと見てみてください。手の甲を上にして両手を見た場合、親指を広げた部分がLに見える方、そう、左手、つまり左がLです。そして残る右手の方がRになります。…こんな知識は役に立ちませんか?(笑)。
ライナー
バウンドすることなく、地面とほぼ水平に真っ直ぐ勢いよく飛んでいく打球のことを言います。
ラインアウト
タッチを逃れるために塁と塁を結ぶ線上から左右3フィート(左右各91.4cm/計1.828mの幅)以上離れて走ることを言い、この行為を行うとランナーはアウトとなります。
ラインナップ
打撃順のことで、バッティングオーダーとも言います。
ランダウンプレー
一塁以降の塁を狙ってオーバーランした走者を複数の野手で挟み込み、タッチしてアウトにするプレーのことを言います。『挟殺』とも言います。
乱打戦
お互いのチームが得点を取り合う試合状況のことです。
ランナー
攻撃側チームで塁上にいる選手のことで、走者とも言います。
ランニングホームラン
ノーバウンドで外野フェンスを越えるホームランではなく、相手野手のエラーなどがないのにバッターが一気に本塁まで帰ってくることをこう言います。
このページのTOPへ

sports-rule.com