HOME野球の用語解説/ナ

野球の用語解説

         
         
        
         
         
※基本的にプロ野球で使われる場合の用語解説です。メジャーリーグや高校野球、草野球などでは同じ用語でも意味合いが多少異なる場合がありますので予めご了承ください。

Google
 

内野手
内野のファースト(一塁手)・セカンド(二塁手)・サード(三塁手)・ショート(遊撃手)の4人を言い、「インフィールダー」とも言います。
内野安打
内野手が処理すべき範囲に飛んできた打球を、エラーしなくてもアウトに出来なかった場合のヒットを言います。
ナショナルリーグ
2つあるメジャーリーグのリーグの1つです。ナ・リーグと略されることも多いです。東地区に5球団、中地区に6球団、西地区に5球団が所属しています。所属している各球団の球団名・所在地は『ナショナル・リーグの各球団』にまとめていますので、そちらをご参照ください。。
ナックルボール
ピッチャーの投げる球種の1つで、フォークボール以上にボールに回転をかけずに(ほぼ無回転の状態で)投げる球種を言います。ボールに回転がかかっていないのでその時の状況により変化の仕方が異なります。多くの場合はバッターの近くでフラフラと不規則に揺れながら落ちます。
ボールの曲がり方については『投手に関すること』をご参照ください。
軟式野球
硬式のボールは硬くて直撃すると怪我をする恐れがあるので、ゴム製の専用ボール(軟式球)を使って行う野球です。道具が異なるのが決定的な違いで、プレーに関するルール自体は硬式とほとんど同じです。日本で考え出されたもので、日本以外ではほとんど行われていません。
このページのTOPへ

sports-rule.com