HOME野球の用語解説/ホ

野球の用語解説

         
         
        
         
         
※基本的にプロ野球で使われる場合の用語解説です。メジャーリーグや高校野球、草野球などでは同じ用語でも意味合いが多少異なる場合がありますので予めご了承ください。

Google
 

ボーク
塁上にランナーがいる状況でピッチャー、もしくはキャッチゃーが、ランナーをアウトにしたり進塁されにくくするために行う反則行為のことを言います。ボークが宣告されれば、塁上のランナーは全て1つ先の塁へ進むことが出来ます。ボークは違反があった時点で即座に試合を止めることはなく、一連の動作が終了するまでは行われます。例えばボークと判断されるボールをピッチャーが投球した場合、投げられたボールをバッターが打つまでが一連の動作になります。ボークと判断されるボールをバッターが打ってアウトとなった場合は、その投球はなかったこととして打ち直し&ランナーは次塁進塁、ヒットや四死球となればそちらが有効でボークは取り消しとなります。つまり攻撃側に有利な判断が下されます。
具体的にどのような状況がボークとなのか?ということについては『投手と捕手に関するルール』をご参照ください。
補殺
刺殺』を行った選手に送球した選手に与えられる記録のことを言います。外野手がフライを捕った後、タッチアップで本塁を狙ったランナーを本塁に送球してアウト、などがこれにあたります。
ポジション
選手の守る位置を言います。
没収試合
試合を行うのに一方のチームが9人の選手を集められない場合、選手を集められなかったチームの負けとして試合が成立します。この試合を没収試合と言い、フォーフィッティッドゲームとも言います。
ポスティングシステム
プロ野球選手がメジャーリーグへ移籍するための入札制度のことを言います。このシステムを利用した選手に対し、獲得を希望する球団が「○○円で買おう」と獲得希望金額を入札します。複数の球団が入札した場合は最も高額な金額を提示した球団が選手を獲得することができます。
選手のいた球団は選手を失うことになりますが、移籍先の球団から移籍金を受け取ることが出来ます。現状ではFA券を取得するまでに多くの年月を要するため、メジャーでのプレーを希望する選手にとっては有効な移籍手段です。ただし、所属する球団が認めないとこのシステムは利用できませんし、選手自身の希望する球団に入るということも出来ません。
ホットコーナー
サードの守る守備範囲のことを言います。右打席で打つバッターが多く、そのバッター達が強く引っ張って弾き返す強烈な打球がよく飛んでくることからこう呼ばれるように。
ポップフライ
当たりそこなって軽く飛んだだけの小さな『フライ』のことを言います。
ホーム
チームの本拠地を言います。または本塁ベースのことを言います。
ホームスチール
スチール』の中で特に本塁を狙うことをこう言います。
ホームラン
ノーバウンドで外野フェンスを越える打球を打つことで、本塁まで帰ってくることが出来ます。本塁打とも言います。もしくは相手野手のエラーなどがないのにバッターが一気に本塁まで帰ってくることも言います。この場合はランニングホームランと言われます。
ボール
ピッチャーの投げた球がストライクゾーンを通らなかった場合を言います。もしくは単に競技をする球のことを言います。
ホールド
リードしている状態で途中登板し、逆転される、もしくは同点に追いつかれることなく次のピッチャーに繋ぐことの出来たピッチャーに与えられる記録を言います。
ホールドが与えられるには以下の条件を全てクリアしている必要があります。
  1. 最終的に自チームが勝利をおさめている
  2. 先発投手、勝利投手、敗戦投手、セーブ投手でない
  3. 最低でも1アウトは取ること
  4. 降板した時に残っていたランナーによって同点に追いつかれないこと
  5. セーブ』がつく条件を満たしていること
ボーンヘッド
簡単な失敗をすることを言います。
このページのTOPへ

sports-rule.com