HOME野球の用語解説/カ

野球の用語解説

         
         
        
         
         
※基本的にプロ野球で使われる場合の用語解説です。メジャーリーグや高校野球、草野球などでは同じ用語でも意味合いが多少異なる場合がありますので予めご了承ください。

Google
 

外野手
外野のライト(右翼手)・センター(中堅手)・レフト(左翼手)の3人を言い、「アウトフィールダー」とも言います。
カウント
ピッチャーの投球のストライクとボール、アウトを数える単位を言います。
ピッチャーの投球は『ボールカウント』と言い、アウトの数は『アウトカウント』と言いますが、『ストライクカウント』『セーフカウント』とは言いません。
隠し球
ピッチャーに返球するふりをして返球しないでおくなど、ランナーの知らない間にボールを隠し持っておき、ランナーが塁から離れた時にタッチしてアウトにするプレーのことを言います。ルール違反ではないのですがあまり褒められたプレーではないですね。
カットプレー
ボールを到達させたい方向に進ませる場合、間に複数の選手をおいてボールを投げ繋いでいくプレーを言います。カットオフプレーとも言います。
外野手がフェンス際で捕球した場合、本塁へは距離が遠いので内野手にボールを投げ、そして内野手が本塁に投げる、というのがよく使われるカットプレーです。よほど強肩な外野手でない限り、遠投するとボールは浮いたりそれたりしますので、直接目的に向かって投げるよりカットプレーの方が確実に返球できます。
カバー
守ってるチームの選手が味方選手の守備をサポートすることを言います。
本来守るべき塁の選手が塁を離れている時に代わりに塁を守ることや、送球がそれた場合に備えて塁の後ろを守ることがカバーになります。
カーブ
ピッチャーの投げる球種の1つで、右投げのピッチャーの場合は左に、左投げのピッチャーの場合は右に曲がる球種を言います。ボールの曲がり方については『投手に関すること』をご参照ください。
完全試合
一人のピッチャーが9回のイニングをすべて3人の打者ずつで終了させることを言います。パーフェクトゲームとも言います。
ヒットやホームラン、内野安打などは打たれず、エラーや四死球によるランナーも出さない、つまり一度も塁上にランナーを出すことなく1点も与えることなく、文字通りピッチャーにとって完全に相手チームを抑えることが完全試合です。ちなみに延長まで入った場合は最終回まで抑えることによって完全試合が成立することになります。
【ちょっとひとこと】
2005年、西武の西口投手には『9回を投げきった時点で完全試合を達成していたのにも関わらず、味方の援護がなく延長10回で快記録達成を逃す』という大変に気の毒な試合がありました。(試合には勝ちました)
延長で完全試合を逃すというのは日本プロ野球史上初ということで、それだけでも相当に不運だと言えるのですが、西口投手の不運っぷりは尋常でなく、これまでにも『ノーヒット・ノーランを9回2死までは達成(つまり最後の打者に打たれてしまった…)』していたことがあるのです。しかも2回も!驚くべきツイてなさです、西口投手…。
完投
先発ピッチャーが一試合全てを一人で投げぬくことを言います。延長戦の場合は延長のイニング全てを含みます。
完封
先発ピッチャーが一人で相手チームを0点に抑えて試合を終えることを言います。延長戦の場合は延長のイニング全てを含みます。シャットアウトとも言います。また、複数のピッチャーによって相手チームを0点に抑えることを『完封リレー』と言います。
このページのTOPへ

sports-rule.com