HOME卓球の用語解説

卓球の用語解説/ナ行

         


投げ上げサーブ
ボールを数メートルも高く投げ上げて(トス)打つサーブのことを言います。『天井サーブ』『ハイトスサーブ』とも言います。
ナックル
回転をかけずに無回転で打つボールのことを言います。
軟式卓球
通常(硬式卓球)より大きく軽いラージボールを使って行う卓球のことで、ネットは通常より2cm高くし、ラバーは表ソフトラバーのみ、といった決まりがあります。

ニュートラル
両足を左右に開いて腰を落とし、少し前傾してどの動作にも対応しやすくした卓球の基本姿勢のことを言います。

ネット
サイドライン/コートの中央を結ぶように貼られた網のことを言います。硬式卓球での高さは15.25cm、軟式卓球では17.25cmです。
ネットイン
ラリー中に打ったボールが、ネットに当たってから相手コートに入った場合のことで、有効打として認められます。
         

このページのTOPへ

sports-rule.com