HOMEラリーについて
スマートフォン用サイトはこちら >

ラリーについて




練習でのラリーと試合でのラリー

サーブで打たれたボールをレシーブして以降、互いにボールを打ち合うことをラリーと言いますが、練習でのラリーと試合でのラリーでは意味合いが違ってきます。練習時では ことが重要です。普段の練習ではもちろん、試合前のウォーミングアップででも、お互いが気持ちよく打ち合えるよう、自分勝手にスマッシュを打ったりしないよう気をつけましょう。
ただ、試合となればもちろん別です。自身の持てる技を駆使し、コート全てを使って競技しましょう。


攻撃系のテクニック

ドライブ

ドライブとは下から上(後ろから前)にボールをこするようにして前進回転(トップスピン)をかけて打つ打ち方で、攻撃のベースとなるテクニックです。
ドライブにはその打ち方によって、以下のようにさらに区別することが出来ます。
スピードドライブ
その名の通り、スピード重視で水平に近い軌道で打つドライブ
ループドライブ
回転重視で山なりになる軌道を描くドライブ
パワードライブ
スピードドライブにループドライブのような回転を加えた高難易度のドライブ
カーブドライブ
回転をつけて打つドライブで、ボールが内側に入ってくるような軌道を描くドライブ
シュートドライブ
回転をつけて打つドライブで、ボールが外側に逃げていくような軌道を描くドライブ
カウンタードライブ
相手のドライブを打ち返すドライブ。防御から攻撃に転じるきっかけとすることができる

スマッシュ

直線的にとにかく速く強くボールを打つ打ち方で、決定打として用いることが多いです。


防御系のテクニック

ツッツキ

短く打ち込まれたボールに対してラケットで突くようにして打つことを言います。下回転のかかったボールに対し、さらに下回転をかける(ラケットを下に軽く振り入れる)ように打つと有効です。ミスすることの少ない技ですが、相手からの攻撃を受けやすくなるリスクがあります。

ストップ

自コートに打ち込まれたボールを、バウンドしてすぐネットすれすれに短く打ち返すことを言います。ボールがネット付近で低く弾むため相手から攻撃されにくく、また相手が後方に下がっている時などに使うと有効です。

カット

ラケットを上から下に振り下ろすようにしてボールを打ち、強い下回転(バックスピン)をかけて返球することを言います。

ブロック

ドライブやスマッシュといった攻撃で打ち込まれたボールを、壁のように打ち返すことを言います。ボールの回転によってラケットの角度を調整し、ボールの勢いを殺すように返球することが大事です。

ロビング

卓球台から離れ、山なりになるように高くボールを打ち返す打ち方のことです。スピードは遅く相手から攻撃を受けやすくなるため、ボールに回転をかけておいて相手のミスを狙うことが大事になります。

フリック

ネット際に打ち込まれたボールをラケットで払うように素早く打ち返すことを言います。これが出来るとサーブに対しても攻撃的に対応することが出来ます。

チキータ

フリックの一種で、バックハンドで横回転をかけて打ち返すことを言います。打ち返されたボールはバナナのように曲がることから、チキータという有名なバナナブランドにちなんで名付けられたそうです。
このページのTOPへ

sports-rule.com