HOME試合形式について

試合形式について


シングルスについて

シングルスは1対1で戦う個人戦の試合形式で、卓球の基本ルールはこのシングルスでのルールがベースになります。ダブルスと違うのは『サーブをどこに打っても良い』ぐらいです。


ダブルスについて

ダブルスは同性ペアで行うものと、男女混合ペアで行うものの2種類がありますが、いずれもルールは同じです。ダブルスの特徴としては以下のようなものがあります。

団体戦について

団体戦はシングルスのみで行うもの、ダブルスも組み合わせたもの、さらに同性のみで行うもの、男女混合で行うもの、と行う種目は大会によって異なります。
オリンピックなどの大きな国際大会では、3人の選手でシングルスのみの5回戦のうち、先に3回戦勝した方が勝ちとなる形式が採用されていますが、国内の大会では4人〜6人でシングルスとダブルスを組み合わせて行う形式が多く採用されています。
シングルス、ダブルス、いずれもそれぞれの競技ルールにのっとって行うので、団体戦のみのルールというものはありませんが、団体戦はこのように試合形式が多岐に渡るという特徴があります。
【大会による団体戦の試合形式例】
このページのTOPへ

sports-rule.com