HOME用具などについて

用具などについて




卓球台について

卓球台の大きさは短辺152.5cm×長辺274cmの平らな長方形の合板で出来ています。
台の厚みは18mm以上が目安とされているそうですが、厚みより『高さ30cmのところからボールを落とした時に、卓球台上のどこででも23cm弾むかどうか』が大事とされています。つまり、厚みが18mmより薄くても23cm弾めばOKで、18mm以上あっても23cm弾まなければアウトとなります。

卓球台 卓球台の表面は床から76cmの高さになるよう設置し、ネットを長辺の真ん中を横切るよう、高さ15.25cmとなるように台と平行につるします。

卓球台のの四辺のうち、長辺にはサイドライン、短辺にはエンドラインという、それぞれ幅2cmの白いラインがひかれており、エンドライン両辺の中央を繋ぐように幅3mmのセンターラインがひかれています。


競技領域について

卓球はバスケットボールやバレーボールのようにコートの中で行う競技ではないのですが、最低限これだけは確保しないといけないとされる競技領域が定めされています。
具体的には、短辺7m×長辺14mの長方形をした領域で、その中央に卓球台を設置します。また、高さも5m以上と定められています。このサイズが最低限となっており、プレーの際には、この領域外に出てプレーしても問題ありません。



ボール

ボールについて

硬式卓球では、ボールは直径4cm/重量2.7gと定められています。色は白かオレンジで、競技場の照明などによって使い分けられます。
ボールはどれだけ完全な球体に近いかでランク付けされており、右の写真のように★が3つついているものは3スターと言われ、多くの大会ではこのランクのものが使用されます。この3スター以下、★のつかない無印まで4段階のボールが存在します。


ラケットについて

木で出来た板と持ち手にラバーを貼ったものが卓球のラケットです。木の部分、ラバーの部分、それぞれに多様な種類があり、選手はその戦型によって自分に適したものを選択します。
意外に感じる方も多くいらっしゃると思うのですが、ラケットのサイズに関しては決まりがありません。15〜16cm程度の楕円形のような形をしているものがほとんどですが、仮にそれよりもっと大きなものや逆に小さなものでも問題ありません。
ただ、素材に関しては『持ち手をのぞいたラケット(ブレード)面の85%以上を天然の木材とすること』と定めされています。
形状に関しては、持ち手の握り方によってシェイクハンドとペンホルダーの2種類に大きく分けることができでます。
シェイクハンドラケット ペンホルダーラケット
シェイクハンドラケット ペンホルダーラケット(とボールf^_^;)


ラバーについて

ラケットのボールを打つ部分に貼られているゴム製のシートとスポンジを貼り合わせたものをラバーと言います。色は赤か黒と決められており、表裏両面に貼る場合は表裏異なる色にしなければいけません。
ラバーはその素材や加工の仕方によってボールを打った時の反応(回転や反発力など)が大きく変わるので、各選手はそれぞれ自身の戦型に合ったラバーを選んで使用します。
ラバーの種類は、大きく以下のように分けられます。

裏ソフトラバー

現在の卓球で主流となっているラバーです。表面が平らに加工されており、ボールを回転させやすく反発力が強いという特徴があり、ドライブ型の選手に好まれます。

表ソフトラバー

表面が小さな突起状に加工されており、ボールを回転させにくく反発力が強いという特徴があり、速攻型の選手に好まれます。

粒高ラバー

表ソフトラバーの突起をさらに高くしたようなラバーです。ボールの回転をほとんど受けないためレシーブがしやすく、カットマンなど守備的な選手に好まれます。

一枚ラバー

スポンジを使用せず、ラケットに直接表ソフトラバーを貼ったものです。ボールを回転させにくく反発力も弱いのですが、安定してレシーブできます。戦前まではこのタイプしかなかったのですが、現在では利用者はほとんどいなくなっています。

アンチラバー

裏ソフトラバーのような見た目ですが、回転がほとんどかからないという特徴があります。一枚ラバーと同じく、現在では利用者はほとんどいなくなっています。


ユニフォームとシューズについて

卓球の公式試合では、JTTA(日本卓球協会)のマークがついた公認品しかユニフォームとして認められません。これは卓球が他球技とちょっと異なる特徴です。
形状についてはトップスがTシャツかポロシャツ、ボトムスはハーフパンツかスカートが基本です。
シューズに関しては特に規定がなく、卓球用シューズでなくても問題ありません。

このページのTOPへ

sports-rule.com