HOME選手の戦型について
スマートフォン用サイトはこちら >

選手の戦型について




シェイクハンドとペンホルダー

卓球のラケットにはシェイクハンドとペンホルダーの2種類に大きく分けることができ、それぞれ持ち方が異なります。
シェイクハンドは持ち手のところを握手するようにして持ち、ペンホルダーはペンを握るようにして持ちます。(そのままですが…f^_^;)
シェイクハンドラケット ペンホルダーラケット
シェイクハンドラケット ペンホルダーラケット(とボールf^_^;)

シェイクハンドの特徴

ペンホルダーの特徴



シェイクハンドでの戦形

シェイクドライブ型

卓球台から少し離れ、ドライブなどボールの回転を軸とした攻撃的な戦形。
現在卓球の主流となっています。

シェイク前陣速攻型

卓球台に近い場所でテンポよくスピードを武器に攻め立てていく戦形。
判断力と動体視力の良さが必要となります。

シェイクカット型

卓球台から離れてカットを軸とした守備的な戦形。通称カットマン。
動く範囲が広く、守備的ですが観客を魅了する戦形です。

シェイクオールラウンド型

その名の通り、あらゆるテクニックを駆使して戦う戦形。
状況判断力や身体能力、テクニックなど、総合的に高度な能力が求められます。


ペンホルダーでの戦形

ペンドライブ型

卓球台から少し離れ、主にフォアのドライブで攻撃する戦形。通称ペンドラ。
ダイナミックに大きく動き回る選手が多いのが特徴です。

ペン速攻型

スマッシュを軸に積極的に攻め立てていく戦形。
このページのTOPへ

sports-rule.com