HOMEラグビーの用語解説/ハ行

ラグビーの用語解説

         

Google
 

バインド
スクラム、ラック、モールの状態で、他のプレーヤーをしっかりと腕全体を使って抱え込むことを言います。ユニフォームを掴んで引っ張るだけではバインドになりません。
ハッキング
わざと足を出して相手プレーヤーをひっかけたり、相手プレーヤーを蹴ったりする反則のことを言います。
バックス
スクラムに参加する8人(フォワード)以外の7人を言います。
この7人の各ポジション名や役割については『バックスの各ポジション名と役割』でご確認下さい。
ハンド
スクラムやラックの状態で、地面にあるボールを手を使って外に出そうとした場合の反則を言います。
パント
ボールから手を離し、ボールが地面に着く前に(空中にある時点で)蹴るキックのことを言います。

ピックアップ
スクラムやラックの状態で、地面にあるボールを手でつかんで持ち上げた場合の反則を言います。

フォールオンザボール
タックルを受けて転がっているボールや、ラックで地面に転がっているボールの上に覆いかぶさるようなかたちで倒れ込み、ボールの出るのを妨げる反則を言います。ライイングオンザボールと同意です。
フォワード
スクラムに参加する8人を言います。
この8人の各ポジション名や役割については『フォワードの各ポジション名と役割』でご確認下さい。
プッシュオーバートライ
スクラムやラックの状態でそのまま押し込んで得たトライのことを言います。
フリーキック
相手チームが軽い反則を犯した時に与えられるキックのことを言います。ゴールキックを狙うことは出来ません。
プレースキック
地面に置いたボールをキックすることを言います。地面にそのまま置くことはもちろん、砂や定められたティーを使用してボールを設置しても構いません。また、風雨が激しい時などには、ボールが倒れないように味方が支えておく場合もあります。

ペナルティキック
相手チームが重い反則を犯した時に与えられるキックのことを言います。ゴールキックを狙うことが出来ます。
ペナルティゴール
ペナルティキックでゴールが成功した場合の得点で、3点を得ることが出来ます。
ペナルティトライ
相手チームの反則がなければ、ほぼ間違いなくトライが得られていた、と認められた時に与えられるトライです。この場合、予想されたトライ地点ではなく、ゴールポストの中央にトライをしたと設定されます。(コンバージョンキックがゴールポスト正面から行えます)

ホイール
スクラムが90度以上回転することを言い、スクラムをやり直します。
ボールキャリアー
ボールを持っているプレーヤーを言います。
         

このページのTOPへ

sports-rule.com