HOMEラグビーの用語解説/ア行

ラグビーの用語解説

         

Google
 

アドバンテージ
反則をされても、ゲームを止めずにプレーを続けた方が、反則をされたチームに有利になると審判が判断した場合、笛は吹かれず、プレーは続行されます。このことをアドバンテージと言います。
例えば相手チームのプレーヤーがボールを前に落とした場合(ノックオン)、そのボールをすぐさま奪って攻撃に移ったとすれば、笛を吹いてスクラムでプレーを再開するより、そのままプレーを続行した方が有利となる場合が多くあります。このような場合にアドバンテージが認められます。
アーリータックル
相手プレーヤーがボールを受け取る前にタックルしてしまう反則のことを言います。

イエローカード
悪質な反則に対して出される警告の1つです。このカードを出されると、10分間の退場処分(シンビン)が課せられます。
インゴール
ボールを着地させればトライが得られる区域のことを言います。
区域について、詳しくはこちらの図でご確認下さい。

オーバーザトップ
モールやラックになった状態で、相手側に倒れこんでボールが出るのを妨げる反則を言い、相手チームにペナルティキックが与えられます。
オフサイド
ボールを持っているプレーヤーより前にいるプレーヤーは、プレーに参加することが禁じられています。ボールに触れることはもちろん、ボールより前で相手チームの妨害をしたりすることも禁止されています。このように、ボールのある位置より前からプレーに参加した場合の反則を言い、相手チームにペナルティキックが与えられます。
オブストラクション
ボールを持っていない相手プレーヤーの動きを妨害する反則を言います。タックルに行こうとしている相手プレーヤーの前を横切ったり、ジャージのすそを引っ張ったりすることがこれにあたります。相手チームにペナルティキックが与えられますす。
オンサイド
ボールを持っているプレーヤーより後方の、プレーに参加できる位置を言います。
         

このページのTOPへ

sports-rule.com