HOMEラグビーの用語解説/タ行

ラグビーの用語解説

         

Google
 

ダイレクトタッチ
自陣22mラインより前で蹴ったボール(ペナルティキック以外)が直接タッチラインの外に出ることを言います。この場合、蹴った時点から最も近いタッチライン から相手チームのラインアウトで再開します。なお、もし蹴られたボールの落下地点が蹴った地点より自陣後方なのであれば、蹴った地点ではなく、落下地点に近い方でラインアウトになります。
タックル
ボールを持っている相手プレーヤーに飛びかかり、そのプレーヤーを倒す、もしくはボールを地面に着けさせることを言います。タックルは、タックルされた相手が地面に尻もちをつく、転倒するなどの他、相手の片方、もしくは両方の膝が地面についた時点でも成立したことになります。
タックラー
タックルに成功し、相手プレーヤーとともに地面に倒れ込んだプレーヤーのことを言います。
タッチ
ボール、もしくはボールを持ったプレーヤー(ボールキャリアー)がタッチラインの外側に出てしまうことを言います。

チャージ
キックで蹴り出されるのを防ぐため、守っている側のプレーヤーが体を投げ出してボールをとめようとするプレーを言います。この場合は、手に当たってボールが前に落ちたとしてもノックオンにはなりません。

デッド
実際にプレーが行われていない時間・状態を言います。タッチラインの外にボールが出てしまっている時や、プレーヤーの怪我・故障により審判が一時的にプレーを中断させている時間などがデッドになります。

トライ
敵地のインゴールにボールをグランディングさせることにより認められる得点で、5点が得られます。
ドロップアウト
相手チームによって蹴りこまれたりしたボールを、守っているチームがインゴール内でグランディングした場合や、相手チームが蹴ったボールが自陣デッドボールラインより外に出た場合に、守っていたチームにドロップアウトが認められます。ドロップアウトが認められると、自陣22mライン上、もしくは後方からのドロップキックでゲームを再開します。
ドロップキック
ボールを地面に落下させ、跳ね返ってきたボールを蹴るキックの仕方です。
ドロップゴール
通常のプレー中に、ドロップキックでゴールキックを成功させた場合に認められる得点で、3点が得られます。
         

このページのTOPへ

sports-rule.com