HOMEラグビーの用語解説/サ行

ラグビーの用語解説

         

Google
 

サポート
ラインアウトの時にジャンプしたプレーヤーを支えることを言います。ちなみに、ジャンプしたプレーヤーを支えることは出来ますが、プレーヤーを抱え上げることは出来ません。(リフティングの反則になります)

10mオフサイド
自チームが攻めている時、ボールが前方に蹴り出されれば、蹴ったプレーヤーより前にいたプレーヤーはオフサイドポジションにいることになります。そのため、ボールを拾いに行くなど、プレーに参加することが出来ません。プレーへの参加は、ボールの落下地点よりいったん10m自陣に戻ってからでないと認められません。

スクラム
ボールを所持していたプレーヤーがボールを前に落としてしまったり(ノックオン)、ボールを前に投げてしまったり(スローフォワード)、軽い反則があった後に行われるプレーのリスタート方法です。
両チームのフォワード(FW)8人同士が組み合い、両チームが組み合った中間に、一方のチームのプレーヤー(スクラムハーフ)がボールを投げ入れます。投げ入れられたボールを、投げ入れたプレーヤーのいるチームが足で後ろにかきだし、スクラムを組んだ最後方のプレーヤー(ナンバーエイトやスクラムハーフ)がボールを取り出すことによってプレーが再開されます。
多くの場合は投げ入れたプレーヤーのいるチームのボールとなって再開されますが、相手チームの圧力が強かったりした場合は、ボールを奪われてしまうこともあります。
なお、スクラムでは、組んだ状態のまま回転してはいけません。
スタンピング
倒れている相手プレーヤーをわざと踏みつける反則を言います。
スティファームタックル
プロレスのラリアットのように、相手の首に腕をひっかけて倒そうとするタックルを言います。
         

このページのTOPへ

sports-rule.com