HOMEポジションと役割/バックスのポジション名と役割
スマートフォン用サイトはこちら >

ポジションと役割



バックスのポジション名と役割

スクラムハーフ【Scrum Half(SH):9番】/ハーフバックス
スクラム時に、両チームの組み合った中間にボールを投げ入れ、そのボールを手で取り出す(※ナンバーエイトが取り出す場合もあります)役目を担うポジションです。フォワードとバックスの繋ぎ役で、敏捷性と、的確で正確な判断力が必要なポジションです。体が小さくても充分に活躍できるポジションです。
スタンドオフ【Stand Off(SO):10番】/ハーフバックス
同じハーフバックスでもスクラムハーフはフォワードよりでプレーすることが多いのですが、スタンドオフはバックスよりでプレーすることが多くなります。バックス陣を率い、自ら走り、蹴り、パスを出し、とバックス攻撃の起点となる、チームの司令塔的ポジションです。
左ウイング【Wing Three-Quarter Backs(WTB):11番】/スリークォーターバックス
バックスの左端で、多くのトライを得ることが求められるポジションです。チームの中で最もスピードのあるプレーヤーが担うことの多いです。
左センター【Center Three-Quarter Backs(CTB):12番】/スリークォーターバックス
バックスの中央左側のポジションです。守る時にはタックルをする機会が多く、攻める時にはウィングのトライをアシストすることが多いので、バックスの中では地味ですが、重要な「縁の下の力持ち」系ポジションです。
右センター【Center Three-Quarter Backs(CTB):13番】/スリークォーターバックス
バックスの中央右側のポジションです。左センターと同じで、突破力とディフェンス力、スピードとパワー、両方が必要とされます。
右ウイング【Wing Three-Quarter Backs(WTB):14番】/スリークォーターバックス
バックスの右端で、左ウイングと同様、スピードが最も重要視されるポジションです。自陣深くから敵陣深くまで走り込むこともありますので、瞬発力だけでなく、ある程度のスタミナのあるスピードが必要となります。
フルバック【Full Back(FB):15番】/フルバック
チーム最後尾でバックス陣を統率し、防御ラインの最後の砦となる、サッカーで言うところのゴールキーパーのようなポジションです。ボールを受け、陣地を挽回するためにキックをすることも多いので、正確なキック力も必要とされます。

15人のポジション名フォワードのポジション名と役割バックスのポジション名と役割

このページのTOPへ

sports-rule.com