HOMEポジションと役割/フォワードのポジション名と役割
スマートフォン用サイトはこちら >

ポジションと役割



フォワードのポジション名と役割

左プロップ【Prop(PR):1番】/フロントロー
スクラムを組む時に、最前列/左側で相手フォワードを組み合うプレーヤーで、体重も重く、がっしりした体型の人が向いています。スクラムでは相手プレーヤーと激しく組み合うので、首も太く頑丈であればなお良しです。プロップとは支柱という意味です。ルースヘッドプロップとも呼ばれます。
フッカー【Hooker(HO):2番】/フロントロー
スクラムを組む時に、最前列/中央で相手フォワードを組み合うプレーヤーで、スクラムハーフが投げ入れたボールを足でかきだす役割を担います。左右プロップと同様にがっしりした体型の人が向いていますが、スクラムをコントロールし、ボールを足で扱わないといけないので、器用さも求められます。また、ラインアウト時にボールを投げ入れ役(スローワー)となることの多いポジションでもあります。
右プロップ【Prop(PR):3番】/フロントロー
スクラムを組む時に、最前列/右側で相手フォワードを組み合うプレーヤーで、体重も重く、がっしりした体型の人が向いています。チームの中で最重量プレーヤーが担うことの多いポジションです。タイトヘッドプロップとも呼ばれます。
左ロック【Lock(LO):4番】/セカンドロー
スクラムを組む時に、左プロップとフッカーの後方から押し込むプレーヤーです。がっしりとした体型で、身長の高いプレーヤーが向いています。長身を活かし、ラインアウト時のジャンパーや、キックオフで蹴られたボールの受け手などを担います。
右ロック【Lock(LO):5番】/セカンドロー
スクラムを組む時に、左プロップとフッカーの後方から押し込むプレーヤーです。がっしりとした体型で、身長の高いプレーヤーが向いています。長身を活かし、ラインアウト時のジャンパーや、キックオフで蹴られたボールの受け手などを担います。
左フランカー【Flanker(FL):6番】/サードロー
スクラムを組む時に、後方左端から押し込むプレーヤーです。スクラムにも参加し、バックス陣が攻撃している時にはサポートとして走り回る、大変体力のいるポジションです。
右フランカー【Flanker(FL):7番】/サードロー
スクラムを組む時に、後方右端から押し込むプレーヤーです。スクラムにも参加し、左フランカー同様に、大変体力のいるポジションです。
ナンバーエイト【Number 8(No.8):8番】/サードロー
フォワードを最後方からコントロールし、統率するプレーヤーです。スクラム時には、後方に運ばれたボールを手で運び出すことあります。体の大きさ、スピードとパワー、的確な判断力。総合的に高い能力の求められる、フォワードの中で最も華のあるポジションです。また、守備/攻撃の両面においてチームの中心となる、大変重要なポジションです。

15人のポジション名フォワードのポジション名と役割バックスのポジション名と役割

このページのTOPへ

sports-rule.com