HOMEゴルフの用語解説/ス

ゴルフの用語解説

         
         
        
         
         
Google
 

スイートスポット
クラブヘッドのフェース面で中央位置にあたり、ボールがいちばん飛ぶ箇所を指します。
スイング
クラブを振るための一連の動作で、動作の開始から順に『セットアップ』『テイクバック』『バックスイング』『トップ』『ダウンスイング』『インパクト』『フォロースルー』『フィニッシュ』と呼びます。
スタンス
アドレスに入る時に両足を置く位置を言います。
ストローク
ボールを打とうという意思があってクラブを振る行為で、1ストロークが1打になります。
ボールを打つ意思の有無が重要なので、打とうとしていなければ仮に素振りがボールに当たって動いたとしても無罰です。逆に、ボールを打とうとして空振りしてしまった場合は、ボールがまったく動いていなくても1打となります。
ストロークプレー
全てのホールでの総打数を競う競技方式で、スコアの少ない方が勝者となります。
プロ・アマを問わず、多くの大会はこの方式で行われています。
スパイク
正しくはゴルフシューズの底につけられる滑り止めを指しますが、ゴルフシューズ自体を指して言うことが多いです。一昔前は金属製のものが多かったのですが、最近ではコース保護のためにプラスチックなど柔らかな素材を使ったものがほとんです。
スパイクマーク
スパイクによって削られたりしてできたグリーン上のキズを言います。スパイクマークは仮に自分のライン上にあっても直すことは許されない大変迷惑なものなので、自身もうっかり作ってしまわないよう、グリーン上では充分に注意することが必要です。
スピン
ボールが回転することです。
スプーン
クラブの3番ウッドのことです。
スライス
右打ちの場合、左手のひじを少し曲げて前に伸ばしたような軌道で、左から右にボールが曲がって飛ぶことを言います。左利きの場合は逆になります。また、この逆の軌道となるボールはフックと言います。
スライスライン
芝目や傾斜などの影響で、左から右方向に流れていくようなパットラインを言います。
また、この逆となるパットラインはフックラインと言います。
スルー・ザ・グリーン
コースから『ティーグランド』『グリーン』『バンカー』『ウォーターハザード』を除いた、プレーの出来る全エリアのことを言います。
このページのTOPへ

sports-rule.com