HOMEゴルフの用語解説/ク

ゴルフの用語解説

         
         
        
         
         
Google
 

クラブ
ボールを打つ道具のことを言います。
形状や用途により『ウッド』『アイアン』『ウェッジ』『パター』などの種類があります。
クラブハウス
受付や更衣室、浴室、売店、レストランなどがはいったゴルフ場内の建物です。
クラブレングス
クラブの長さを単位とし、『1クラブレングス』『2クラブレングス』などと言います。
グランドスラム
世界四大大会(全米オープン・全米プロ・全英オープン・マスターズ)を全て制すことを言います。
これを達成したのは『ジーン・サラゼン』『ボビー・ジョーンズ』『ゲイリー・プレイヤー』『ジャック・ニクラウス』『タイガー・ウッズ』のわずか5人だけです。
クリーク
クラブで言えば5番ウッドのこと、コースに関してだと小川のことになります。
グリップ
クラブの握る部分のことで、ゴムなどが巻かれています。プレーヤーの好みで厚みや長さを調整します。
グリーン
ホールがある、芝をもっともキレイに短く刈り込んだエリアを言います。
グリーンはフェアウェイなど他のエリアとボールの扱い方が異なり、マークをしてボールを拾い上げることが出来たり、落ち葉などの障害物を取り除くことも出来ます。
グリーンは芝を荒らさないのが最低限で最大のマナーなので、走ったりすることや、クラブやピンを地面に刺してもたれかかったりするような、グリーンの芝を荒らすような行為は絶対にしてはいけません。
グロス
ハンデのついたプレーヤーが、ハンデを差し引く前の純粋に打った総スコアを言います。
また、この総スコア(グロス)からハンデ分を差し引いたものを『ネット』と言います。
クロスバンカー
フェアウェーを横切るように作られているバンカーのことです。
グローブ
手袋のことで、一般的には利き手じゃない方の片手だけにはめます。
このページのTOPへ

sports-rule.com