HOMEペナルティについて
スマートフォン用サイトはこちら >

ペナルティについて

ゴルフでは、ルールに反する行為を行った場合、その行為の種類によって1打、もしくは2打のペナルティが加算されます。また、非常に悪質な行為に対しては競技失格の判断もされます。
このコーナーでは、ペナルティの対象となる具体的なケースを抜粋して紹介しています。

1打のペナルティとなるケース

ルール違反を犯した状況
1打ペナルティ後の対応
アドレス後にボールが動いた
マークせずにボールを拾い上げた
ルースインペディメントの除去時にボールが動いた
リプレースしてプレー続行
二度打ち
打ったボールが自分に当たる
打ったボールが自身のカートに当たる
打ったボールが止まった地点でプレー続行
ウォーターハザードにボールが入った
ラテラルウォーターハザードにボールが入った
エリア外にドロップ
※プレー続行が可能と判断すれば、無罰でそのままプレーを続行することも可能。
ボールが紛失球となった
ボールがOBとなった
打った場所から打ち直し
不正なドロップ ドロップのやり直し
ボールがアンプレイアブルとなった 2クラブレングス以内、もしくはピンからボールへの線上の後方にドロップ

2打のペナルティとなるケース

ルール違反を犯した状況
2打ペナルティ後の対応
練習として違うボールを打った 本来のボールでプレー続行
スタンス時に石を置くなどして足元の状況を改善 元の状態に戻してやり直し
他人のボールを打ってしまった 自分のボールで打ち直し
間違ったティーグランドから打ってしまった 正しいティーグランドから打ち直し
パットしたらグリーン上の他のボールに当たった 打ったボールが止まった地点でプレー続行
ライを改善
ボール廻りを歩いたりしてボールが動いた
ハザード内でルースインペディメントを除去した
リプレースしてプレー続行
他のプレーヤーからアドバイスを受けた
元とは違う位置にリプレースしてボールを打った
ハザードにクラブを触れた
グリーンでパットしたボールがピンに当たった
ボールを打つ前にバンカー内でレイキをひいた
マークの要望を無視しマークしなかった
他人に傘を差してもらいながらボールを打った
グリーンに触って芝の確認をした
正しくないボールの打ち方をした
(押し出す・かき寄せる・すくいあげる、など)
そのままプレー続行

競技失格となる恐れもあるルール違反

このページのTOPへ

sports-rule.com