HOMEサッカーの用語解説/マ

サッカーの用語解説

         
         
        
         
         

Google
 

マーク
守備の時に攻撃陣(相手)の動きに合わせて位置取りを行い、ボール奪取を狙うことです。
マッチデープログラム
試合の時にスタジアムで発行される情報紙のことです。対戦する両チームの紹介や過去の戦績などが書かれていて、試合を盛り上げるのに一役かっています。
マリーシア
ずる賢い、狡猾なプレーのことを言います。具体的には、交代時に歩いてフィールド外に出たり、大袈裟に痛がったりしてプレー時間の浪費を狙うことなどがあります。しかし、これらは遅延行為やシュミレーションとして反則や警告を受けてしまう可能性もあります。
マルセイユルーレット
足の裏でボールを引き戻すようにしながら相手に背を向けるように半回転し、素早く足を変えてさらに半回転するようにして正面に向かって相手を抜き去るというドリブルテクニックのことです。ランス代表で長く活躍したジダン選手が得意なことで脚光を浴び、彼の幼少時に育ったマルセイユにちなんで名付けられています。
マルチボールシステム
予備のボールを予め複数準備しておき、ボールがフィールドから大きく蹴り出された場合などには予備のボールを投入して試合をすぐ再開出来るようにすることです。
マンツーマンディフェンス
場所ではなく人の動きを重視する守備のことで、相手1人に対し1人がしっかりとマークして守ります。
このページのTOPへ

sports-rule.com