HOMEサッカーの用語解説/ア

サッカーの用語解説

         
         
        
         
         

Google
 

アウトオブプレー
正しくは『ボールアウトオブプレー』と言い、プレーを行えない状況のことです。アウトオブプレーになるのは、
  • ボール全体がゴールライン、もしくはタッチラインを越えて出た
  • プレーヤーの負傷や交代時など、主審がプレーを停止した
このいずれかの状況の時です。逆にプレーを行える状況は『(ボール)インプレー』と言います。
アウトサイドキック
キックの種類の1つで、足の甲の外側から土踏まず周辺でボールを蹴ります。飛距離も短く正確性も低いのですが、意外性があるのでショートパスやドリブルでのフェイントとして使われます。
アウトフロントキック
キックの種類の1つで、足の小指周辺でボールを蹴ります。比較的正確にボールの動きをコントロールできるので、ロングパスやカーブをかけたりして使われます。
アシスト
得点したプレーヤーにおくられた最後のパスのことを言います。
アドバンテージ
守備側が反則を行ったが、プレーを止めないほうが攻撃側にとって有利だと主審が判断した場合、プレーをとめずにそのままプレーを続行することを言います。反則行為そのものがなくなるわけではなく、プレーが次に止まった時点で警告などが出される場合もあります。
このページのTOPへ

sports-rule.com