HOMEバレーボールの用語/サ行

バレーボールの用語

         

Google
 

サーブ
1つのプレーを開始する為に、一人のプレーヤーが相手コートに向かってボールを打つことを言います。バレーボールはこのサーブによってプレーが開始されます。
サーブを打つ順番は決まっており、その順番に打たなければなりません。また、エンドラインの外側/サービスラインの延長線上で囲まれた制限範囲(サービスゾーン)で打たなければなりません。
サーブはネットに当たっても相手コートに入れば成功と認められますが、アンテナや天井などに当たってから入ると失敗となり、失点になります。
サーブの打ち方には幾つか種類がありますので、以下に記します。
アンダーハンドサーブ
手を下から上に振り上げる感じで打つサーブのことを言います。打ち方が簡単で、ネットも越えやすいので初心者には便利なサーブです。「安全サーブ」と呼ばれることもあります。
スパイクサーブ (ジャンプサーブ)】
ボールを高く上げ、スパイクを打つ要領で強く打つサーブを言います。速い選手だと時速130kmぐらいになります。
ドライブサーブ
ネットすれすれぐらいを狙って打つ、強くて速いサーブのことを言います。
フローターサーブ
ジャンプせずにスパイクのような感じで打つサーブのことを言います。ボールのコントロールがしやすいので、カーブなどの変化するサーブを打つ時に用いられます。
天井サーブ
その名の通り、天井を目がけるように高い位置を目がけて打つサーブです。基本的にはアンダーハンドで打ちます。
サーブフォールト
サーブを失敗することを言い、相手チームにポイントが加えられます。サーブフォールトには以下のようなケースがあります。
  • サーブを打つ場所や打ち方などに関して違反を犯した場合。片手でボールを持ったままサーブを打った場合や、サービスゾーン外からサーブを打った場合、審判の笛が吹かれてから8秒以内にサーブを行わなかった場合などがこれにあたります。
  • ボールが相手チームのプレーヤーに触れずに相手コート外に着地した場合
  • ボールがネットの下を通過した場合
  • ボールがネットに当たって相手コートに入らなかった場合(ネットに当たっても相手コートに入ればセーフ)
  • ボールがアンテナに当たった場合
  • ボールが左右のアンテナの間(アンテナの延長線上の領域を含みます)を通過しなかった場合
  • ボールが相手コートに入るまでに、左右のアンテナの間のネット以外(天井や味方プレーヤーなど)にふれた場合
サーブレシーブ
サーブで打ち込まれたボールをレシーブ(拾う、受ける)することで、このボールをしっかりセッターに返せれば、スムーズに攻撃へと移ることが出来ます。逆にサーブレシーブが乱れるとチームのリズムが乱れてしまうので、慎重、かつ確実丁寧に対処することが重要です。
サイドアウト
サーブ権が移動することを言います。現在はラリーポイント制なので、1つのラリーを終えればポイントが得られ、その都度サービス権が得られます。
サイドバンド(サイドマーカー)
アンテナの内側、サイドラインの真上に左右1本ずつ付けられる白い帯を言い、ネットの一部と見なされます。
サイドアウト制
サイドアウトとはサーブ権が移動することを言い、サーブ権を持ったチームがサーブ後のラリーに勝った場合にのみポイントが得られるゲーム方式を言います。
サーブ権を持たないチームがラリーを制した場合、得られるのはサーブ権のみでポイントは得られません。得たサーブから始まったラリーを制することでようやくポイントが獲得できます。
また、この制度は各セット15ポイント制の5セットマッチと定められていました。
この制度だと実力が拮抗したチーム同士が対戦した場合など、サーブ権の移動だけが続き、なかなかポイントが入らない(分かりにくい)/試合時間が長引く、などといった問題がありました(実力差があった場合には逆にきわめて短時間で勝敗がついてしまいます)。
そこで、1999年からは、より分かりやすく、かつ時間短縮(調整)が可能なラリーポイント制が導入されるようになりました。
【ちょっとひとこと】
時間短縮(調整)が必要だったのは、選手のことを考えてではなく、W杯やオリンピックなどのTV中継をスムーズに進めるため、という商業的要素が大きかったようですが…。

時間差攻撃
スパイクを打つ際に、おとりのプレーヤーが実際のスパイクより先にジャンプし、相手のブロックのタイミングを惑わす戦術です。おとりにつられて相手プレーヤーがブロックに飛んだ後にスパイクを打ちます。スパイクを打つプレーヤーがスパイクを打つと見せかけ(ジャンプするふりをして)、相手ブロックのタイミングをずらす「一人時間差攻撃」というものもあります。
この時間差攻撃は1972年のミュンヘンオリンピックで日本の男子チームが取り入れたもので、これを武器に日本チームは見事金メダルを獲得しています。

スクリーン
相手チームから見えないように隠れてサーブを打つ反則のことを言います。サーブを打つプレーヤーを、他のプレーヤーが立ったりジャンプしたりして、壁となって隠してはいけません。
スパイク(アタック)
ジャンプしてボールを打つ攻撃のことを言います。コートに叩きつけるようにして打つことはもちろん、わざとボールを相手ブロッカーの手に当て、コート外に弾き出すようにして打つこともあります。
スーパーエース(オポジット)
セッターの対角で、攻撃専門の選手のことを言います。
         

このページのTOPへ

sports-rule.com