HOMEバレーボールの用語/カ行

バレーボールの用語

         

Google
 

キャッチボール(ホールディング)
ボールの動きを止めてしまう反則のことを言います。
手でボールをつかんでしまうのはもちろん、レシーブ時に両腕の中にボールがはさまってしまったり、トスですぐにボールをはじき返さず、手でボールをいったん支え持ってしまうような状態になってしまった時などがこの反則になります。

クイック攻撃(速攻)
低く速いトスからスパイクを打つ攻撃のことを言い、以下のような種類があります。
Aクイック
セッターのすぐ前でアタッカーがスパイクを打ちます。セッターはアタッカーの腕の振りに合わせ、ボールをネットの30cmくらい上にトスします。
Bクイック
セッターから2mぐらい離れた位置でアタッカーがスパイクを打ちます。セッターはネットに平行になるぐらいの速さでトスします。
Cクイック
セッターのすぐ後ろでアタッカーがスパイクを打ちます。セッターはAクイックのタイミングで背後にトスすることになります。
Dクイック
セッターから2mぐらい離れた位置でアタッカーがスパイクを打ちます。セッターはBクイックのタイミングで背後にトスすることになります。
※セッターは「コート中央付近のネット際で、横向き(何れかのポストの方を向いて)でトスを上げる」という設定で説明しています。
         

このページのTOPへ

sports-rule.com