ラグビーのルール

ラグビーのルールと用語の紹介サイト

ポジションと役割

【Page 1】 【Page 2】 【Page 3】

15人のポジション名

ラグビーは15人それぞれにポジションが決まっています。この15人のポジションは、フォワード(FW)と呼ばれる8人と、バックス(BK)と呼ばれる7人に大きく分けられます。フォワード、バックス、これらの中でもさらにポジションによって担う役割が異なります。各プレーヤーのポジション名は以下の図のようになります。
各プレーヤーのポジション名
フォワードの8人はスクラムを組む時のメンバーになります。フォワードはさらに3つに大きく分けられ、スクラムを組む時に、最前列で相手フォワードを組み合う3人を「フロントロー」、その後ろで支える2人が「セカンドロー」、スクラム最後列で押し込む3人を「サードロー」と言います。 ただ、この配列は少し昔までのもので、現在では「前列3人/中列4人/後列1人」で組みます。そのため、本来であればセカンドローは4人、サードローは1人となるのですが、呼び方は昔のままで変わっていません。 また、バックスは「ハーフバックス」「スリークォーターバックス」「フルバック」と3つに大きく分けられます。表にすると以下のようになります。
ポジション名 背番号




フロント
ロー
左プロップ(PR)
フッカー(HO)
右プロップ(PR)
セカンド
ロー
左ロック(LO)
右ロック(LO)
サード
ロー
左フランカー(FL)
右フランカー(FL)
ナンバーエイト(No.8)

ポジション名 背番号



ハーフ
バックス
スクラムハーフ(SH)
スタンドオフ(SO) 10
スリー
クォーター
バックス
左ウィング(WTB) 11
左センター(CTB) 12
右センター(CTB) 13
右ウィング(WTB) 14
フルバック フルバック(FB) 15

【Page 1】 【Page 2】 【Page 3】
▲このページのTOPへ
PC運営者について   MAILお問い合わせ