HOME9人制と6人制の違い/Page.2
スマートフォン用サイトはこちら >

9人制と6人制の違い

9人制と6人制のバレーボールでは、様々な点でルールが異なります。
このコーナーでは、9人制と6人制での大きな違いを紹介しています。

コートや用具、チーム編成ゲームの基本と進行プレーに関してのルール


ゲームの基本と進行の違い

9人制 6人制
勝 敗 原則3セットマッチ、
2セット先取で勝利
原則5セットマッチ、
3セット先取で勝利
1セットの
必要ポイント
21ポイントを先取した方がセットを取得。
※20-20となればデュースとなり、2ポイント連取した方がセット取得。
第4セットまでは25ポイントを先取した方がセットを取得、第5セットのみ、15ポイントを先取した方がセットを取得。
※第4セットまでは24-24になればデュース、第5セットは14-14となればデュースとなり、何れの場合も2ポイント連取した方がセット取得。
ローテーション な し サイドアウト時
ボールを
打てる数
自陣コートに入ってきたボールは3回以内で相手コートにボールを返さなければならない。ネットプレー(ボールがネットに触れるプレー)があれば4回まで可能。 自陣コートに入ってきたボールは3回以内で相手コートにボールを返さなければならない。
後衛の
プレー範囲
特に制限はない。 ブロックへの参加と、フロントゾーンでの攻撃が認められていない。
選手交代 1セットに3回。スターティングメンバーは同一セットで一度だけ同じポジションに戻れる。 1セットに6回。スターティングメンバーは同一セットで一度だけ同じポジションに戻れる。リベロの交代は無制限。
コートや用具、チーム編成ゲームの基本と進行プレーに関してのルール

このページのTOPへ

sports-rule.com