HOME決まり手と非技について内掛け・外掛け・ちょん掛け

決まり手/掛け手


内掛け(うちがけ)

内掛け(うちがけ)
相手の股の間から相手の足にからめるように足をかけ、その足を引き寄せて相手が仰向けになるように倒すことを言います。


外掛け(そとがけ)

外掛け(そとがけ)
相手の足の外側から足をかけて引き、相手を仰向けになるように倒すことを言います。




ちょん掛け

ちょん掛け
相手の『差し手(さして)』を『上手(うわて)』から引きつけ、引きつけた上手と反対側の足先で相手のかかとあたりをひっかけながら相手を後方、もしくは横側にひねるようにして倒すことを言います。
このページのTOPへ

sports-rule.com