HOME番付について

番付について




番付とは

大相撲では、各力士の力量・本場所での成績は『番付』と言われる階層を示した順位表で評価され、この番付によって力士の給与面や待遇面などが大きく異なることとなります。
番付は大きく6つの階層に分けられ、上から順に『幕内』『十両』『幕下』『三段目』『序二段』『序ノ口』と区分けされています。
なかでも上2つの階層である『幕内』『十両』の力士は『関取』として扱われ、大相撲ではこの関取となることが一人前とされ、幕下以下の4階層とは大きく区別されます。
また、最上位クラスの『幕内』は『横綱』を筆頭に『大関』『関脇』『小結』の三役、そして小結未満の『前頭』という順位付けで示される『平幕』に区別されます。
大相撲の番付一覧
幕内 横綱
  • 一人前の力士と認められる
  • 大銀杏が結える
  • 紋付の羽織と袴が着れる
  • 白い足袋に雪駄を履くことができる
  • 控えで座布団を敷くことができる
大関 三役
関脇
小結
前頭 平幕
十両
幕下
  • 髪はちょんまげ
  • 控えで敷物なし
着物・羽織を着て、黒い足袋と雪駄を履く
三段目 着物・羽織を着て、素足に雪駄を履く
序二段 着物・羽織を着て、素足に下駄を履く
序ノ口 着物しか着れず、素足に下駄を履く


幕内について

大相撲の格付けで最上位クラスとなる『幕内』はその中でも『横綱』を筆頭に『大関』『関脇』『小結』の三役、そして小結未満の『前頭』という順位付けで示される『平幕』に区別されます。各番付は以下のように区別されています。
横綱
大相撲最高の地位で、不在でも構わない番付です。昇進の目安は『大関の地位で二場所連続の優勝か、それに準じた成績』とされています。降格のシステムはなく、引退(もしくは廃業)まで横綱であり続けます。
大関
現在では横綱に次ぐ地位として認識されていますが、もともとは横綱は別格のものとして、この大関が大相撲最高の格付けでした。東に1名は必ず存在します。昇進の目安は『三場所連続で三役で、その三場所通算の勝ち星が33以上』とされています。二場所連続の負け越しで降格となります。
三役について
三役とは本来『大関・関脇・小結』の3つの番付のことをまとめて言うのですが、上述のとおり、大関は本来大相撲最高の格付けとされていたため、関脇以下とは扱いが大きく異なり、現在でも『関脇』と『小結』のみを三役と言うことが多くあります。
関脇
東西に必ず1名以上は存在します。負け越せば基本的に降格します。
小結
東西に必ず1名以上は存在します。負け越せば基本的に降格します。
前頭(平幕)
東西一枚目(筆頭)から最大で十六枚目まで。三役以上の力士数によって数は変動します。

十両について

大相撲の格付けで『幕内』に次いで高いのが『十両』で、東西それぞれ十三枚目までの計26名からなります。
この十両以上の番付となることで初めて力士は一人前となることができ、『関取』として扱われるようになります。
この関取になれるかどうか、というのが大相撲では意義が高く、格付けの中でも下位との差がもっとも大きく反映されています。
関取の特権
そして何より大きな特権がやはり『給与(月給)が支払わわれるようになる』でしょう。
関取になるまでは基本的に無給だったものが、関取になるや月給が¥1,000,000(百万円!)を超えるようになるのです。正直なところ、これがやはり関取を目指す最大のモチベーションではないでしょうか?f^_^;)



幕下について

東西それぞれ六十枚目までの計120名からなります。
上述の通り、この幕下以下の地位と、その上の十両以上の地位(関取)では待遇面を含めた格差が非常に大きいため、最も力士間の競争が激しい地位であるとも言えます。


三段目について

東西それぞれ百枚目までの計200名からなり、この地位になると雪駄が履けるようになります。


序二段について

人数は決まっておらず、おおむね300名ほどで、この地位になると羽織が着れるようになります。


序ノ口について

人数は決まっておらず、おおむね100名ほどからなります。この地位からようやく番付に名前が載ります。


前相撲について

番付に名前が載ることのない、新弟子検査に合格した新人や序ノ口から降格した人たちで行う相撲のことです。本場所の最初に行われる序ノ口の取組の前に行われます。
このページのTOPへ

sports-rule.com