HOMEバスケットのルール/パーソナル・ファウル

バスケットのルール/パーソナル・ファウル


パーソナル・ファウルとは

ファウルとは定められたルールに違反することを言いますが、その中でもコート上のプレーヤー同士の接触によるものをパーソナル・ファウルと言います。これに対し、審判への暴言や、ベンチにいるコーチ/プレーヤーなどによる違反行為などは、テクニカル・ファウルと言います。
パーソナル・ファウルはプレーに関するもので、「押す」「蹴る」「叩く」「おさえる」などの行為で、相手プレーヤーの動きを妨げた場合に課せられます。


パーソナル・ファウルに対する罰則

パーソナル・ファウルに対する罰則は2種類あります。
シュート動作中の相手プレーヤーに対するパーソナル・ファウルに対しては、そのプレーヤーに対してフリースローが与えられます。ファウルを受けながらもシュートを放ち、ゴールが決まった場合は、そのゴールは得点として加算し、なお且つ1本のフリースローが与えられます。シュートが外れた場合は2本のフリースローが与えられます。
3ポイントエリアからのシュートに対するものであれば、決まれば3点+1本のフリースロー、決まらなければ3本のフリースローが与えられます。
シュート動作中以外に起きた場合は、そのパーソナル・ファウルの起きた場所から最も近いサイドorエンドラインの外から、スローインをしてゲームを再開します。


プッシング

「押す」行為に対して課せられるパーソナル・ファウルです。
手を使って相手を押すのはもちろんのこと、守っている際に相手のプレーヤーを体(お腹や肩など)で押す行為なども含まれます。


ホールディング

「つかむ」行為に対して課せられるパーソナル・ファウルです。
腕などをつかんで相手プレーヤーの動きを妨げたり、後ろから相手を抱きかかえるようにしてしまった場合(執拗にボールチェックにいった際など)に課せられます。


チャージング

攻めている側のプレーヤーが、ボールを持っているかどうかに関わらず、相手のプレーヤーに対して体を当てたり、手で押したりするプレーのことを言います。
例えば、自身の進みたい方向に相手プレーヤーがいるにも関わらず、そのまま突き進んでいって相手を押したり、ぶつかったりすればチャージングとなります。しかし、もし自身の進みたい方向に相手が遅れて入ってきて衝突した場合は、相手プレーヤーにブロッキングのパーソナル・ファウルが課せられます。チャージングとブロッキングは表裏一体のプレーとも言えます。


ブロッキング

相手プレーヤーがボールを持っているかどうかに関わらず、体を使って相手プレーヤーの進行の邪魔をするファウルのことを言います。
しかし、相手プレーヤーが自身の守っている位置に走り込んできて衝突したりした場合には、相手プレーヤーにチャージングが課せられます。ブロッキングとチャージングは表裏一体のプレーとも言えます。


イリーガル・スクリーン

スクリーンをかけた後に動くなど、正しくないスクリーンを行った場合に課されるパーソナル・ファウルのことです。
「正しくないスクリーン」とは、スクリーンをかけた後に両足を床につけて静止せず、足を動かしたり、上半身を使ったりして、相手プレーヤーの動きを妨げることを言います。


イリーガル・ユース・オブ・ハンズ

手を使って相手プレーヤーを掴んだり、はたいたりして相手プレーヤーの動きを妨げる行為のことを言います。これらの手の扱いに関することを一くくりにして言いますが、程度が重くなると、それぞれホールディングやプッシングになります。


ダブルファウル

両チームのプレーヤーが、ほぼ同時にパーソナル・ファウルを犯した状態を言い、それぞれのプレーヤーにパーソナル・ファウルが課せられます。


5ファウル

1人のプレーヤーが、全てのクォーターを通して5つのファウル(パーソナル/テクニカルの両方を含めて)を犯してはいけません。5つ目を犯した場合は、そのプレーヤーは退場し、他のベンチプレーヤーと交代しなければなりません。
また、5ファウルでの退場後は、二度とゲームに出場することができません。
ゲームの基本《1》ゲームの基本《2》ゲームの基本《3》
バイオレーションパーソナル・ファウルテクニカル・ファウル

このページのTOPへ

sports-rule.com