HOMEバスケットのルール/ゲームの基本《1》

バスケットのルール/ゲームの基本《1》


ゲームの時間

通常の競技時間は10分のクォーター(ピリオドとも言います)を4回行います。中学生の場合は10分ではなく、8分のクォーターを4回行います。
各クォーターの間には、それぞれ数分間のインターバル、もしくはハーフタイムが設けられています。

第1Q インターバル 第2Q ハーフタイム 第3Q インターバル 第4Q
10分間 2分間 10分間 10分or15分間 10分間 2分間 10分間

もし第4クォーターが終了しても両チームの得点が同じ場合は、1回5分(中学生は3分)の延長戦を行います。この延長戦も同点で終えた場合は、2分間のインターバルをおいて、再延長戦を行います。これでも同点の場合は再々延長戦と、決着がつくまで延長戦は繰り返されます。

延 長 インターバル 再延長 インターバル 再々延長 …以後繰り返し…
5分間 2分間 5分間 2分間 5分間


ゲームの始め方

ゲームは両チームともに5人ずつ揃った状態でスタート/リスタートします。
ジャンパーがジャンプボールでボールをタップした瞬間からゲームが始まります。
また、攻めるバスケットは第1クォーターと第2クォーターは同じバスケット、第3クォーターからは攻めるバスケットを相手チームと交換します。(第1、第2クォーターで自チームが守っていたバスケットの方に攻めることになります)
なお、攻めるバスケットは変わっても、ベンチは変わりません。


ボールの扱い方

バスケットボールでは、基本的にボールは手で扱わなければなりません。わざと足で蹴ったり止めたりするとバイオレーションになります。
手でボールを扱う行為には、 などがあります。

パスの種類

スローパス
片手で野球のように振りかぶってから投げるパス。遠くへ速くボールを投げられるので、速攻の時などによく使われます。
チェストパス
両手でボールを挟み持ち、胸の前から両手を突き出すようにして放り投げるパス。バスケットボールで最も用いられるパスです。
ショルダーパス
肩のすぐ上から押しだすようにして投げるパス。
バウンドパス
コートにボールを一度バウンドさせるようにして投げるパス。

ドリブルとは

ボールをコートにつくことで、つく回数やドリブルの出来る距離に制限はありません。ドリブルを終えた後にはボールを持ったまま3歩以上歩いてはいけません。また、ボールをこねまわすようにして持ったり、途中で停止(支え持ってしまったり体におさえつけたり)してはいけません。

シュートの種類

ランニング(レイアップ)シュート
バスケットに向かって走り込み、片手でリングにボールを置いてくるようにして放つシュート。速攻の時などによく使わる、最も基本的で成功率の高いシュートです。
ジャンプシュート
バスケットから少し距離がある時に、真上にジャンプして放つシュートです。片手で放つワンハンドシュートと、両手で放つツーハンドシュートがあります。
ダンクシュート
バスケット(リング)にボールを直接たたきこむシュート。派手なシュートの代表です。
タップシュート
シュート後にリングやバックボードに当たって弾んだボールを、そのまま指先ではじくようにして放つシュート。
フックシュート
バスケットに対して真っ直ぐ向けない場合などに、体を半身に開いた状態で、片手で手首のスナップをきかせて放ちます。
バックシュート
バスケット(バックボード)の下(裏)を通り、走り込んだ方と逆サイドにまわりこんで、バスケットが体の後ろにある状態で放つシュートです。

得点の種類

バスケットのリングをボールが上から通過すれば得点になります。得点はゴールと呼び、3種類あります。
スリーポイントラインの外側からのゴールは3点、スリーポイントラインの内側からのゴールは2点、フリースローでのゴールは1点になります。
ゲームの基本《1》ゲームの基本《2》ゲームの基本《3》
バイオレーションパーソナル・ファウルテクニカル・ファウル

このページのTOPへ

sports-rule.com