HOME決まり手と非技について二枚蹴り・小股すくい・外小股

決まり手/掛け手


二枚蹴り(にまいげり)

二枚蹴り(にまいげり)
相手の足首のあたりを外側から蹴ると同時に相手の体を吊り上げ、そのままひねるように投げを打って相手を倒すことを言います。『蹴り』『ひねり』『投げ』を同時に行う難易度が高い合わせ技です。
『二枚』とは足の膝から足首まで(すねとふくらはぎ)の外側のことだそうです。


小股掬い(こまたすくい)

小股掬い(こまたすくい)
出し投げ』を仕掛けると、相手はまわしを掴まれているのと反対側の足を前にして倒れないようにこらえます。その足を内側からすくいあげるようにして相手を仰向けになるように倒すことを言います。




外小股(そとこまた)

外小股(そとこまた)
投げ技をしかけたり足をひっかけたりして相手の体勢を崩そうと攻め立て、相手が倒れないように片足を前にして踏ん張ろうとしたところを、その前に出した足と対角にある手で外からすくい上げるようにして相手を仰向けになるように倒すことを言います。
このページのTOPへ

sports-rule.com