9人制バレーボールのルール

9人制バレーボールのルールと用語の紹介サイト

用語解説/シ

時間差攻撃
スパイクを打つ際に、おとりのプレーヤーが実際のスパイクより先にジャンプし、相手のブロックのタイミングを惑わす戦術です。おとりにつられて相手プレーヤーがブロックに飛んだ後にスパイクを打ちます。スパイクを打つプレーヤーがスパイクを打つと見せかけ(ジャンプするふりをして)、相手ブロックのタイミングをずらす「一人時間差攻撃」というものもあります。
この時間差攻撃は1972年のミュンヘンオリンピックで日本の男子チームが取り入れたもので、これを武器に日本チームは見事金メダルを獲得しています。

▲このページのTOPへ
PC運営者について   MAILお問い合わせ