野球のルール

野球のルールと用語の紹介サイト

高校野球について


高校野球について

高校生による野球全般を言いますが、多くの場合は春の選抜高等学校野球大会、夏の全国高等学校野球選手権のことを言います。両大会ともに兵庫県西宮市にある阪神甲子園球場で行われます。

選抜高等学校野球大会について

春休みの期間中に行われる大会で、センバツとも呼ばれます。高野連と毎日新聞社が主催となって開催されます。1924年に第1回大会が行われ、この大会は愛知県にあった山本球場という球場で開催されました。翌1925年の第2回大会以降は甲子園球場で開催されています。
出場校は32チームで、前年の秋季大会、地域大会などの成績をもとに選考委員会によって決められます。地域性や21世紀枠などといった選考要素もあり、ただ単に強ければ出場校として選ばれるというものではありません。また、開会式の時に前年度に流行した曲などによって入場行進を行うのも特徴です。

全国高等学校野球選手権について

夏休みの期間中に行われる大会で、たんに甲子園とも呼ばれます。高野連と朝日新聞社が主催となって開催されます。1915年に第1回大会が行われ、この大会は大阪府の豊中球場という球場で開催されました。以後、1917年に兵庫県の鳴尾球場に会場が変更され、1924年の第10回大会以降は甲子園球場で開催されています。
出場校は49チームで、各都道府県の地区大会を勝ち抜いた1校(※北海道は南北、東京は東西で各1校ずつ計2校)が出場できます。出場校は全ての都道府県の代表なので国民の関心も高く、またこの大会を終えると3年生は基本的に引退するためにドラマ性が高くなっており、春のセンバツに比べて人気や注目度が高くなっています。


▲このページのTOPへ
PC運営者について   MAILお問い合わせ