HOME6人制バレーのルール Page 3

6人制バレーのルール

Page 1
Page 2
Page 3



リベロプレーヤーとは

リベロプレーヤーはとても特殊なポジションで、守備(主にレシーブ)のスペシャリストです。
リベロプレーヤーは、
という他のプレーヤーとは違うルールが適用されます。
さらに、守備専門のプレーヤーですので、リベロプレーヤーはネットより高い位置にあるボールに触れることは出来ません。つまりスパイクやブロックは出来ません。サーブを打つことも出来ません。また、リベロプレーヤーがフロントゾーン内でトスをあげて他の選手が攻撃をする、というプレーも反則となります。(アタックラインより後方からのトスならOK)


小学生特別ルール

小学生のバレーボールにはローテーションがありません。前衛や後衛といった区別や制限もなく、全プレーヤーが自由な位置でプレーできます。つまり全員がアタックやブロックを行うことが出来ます。
サーブ順は、ポジションに関係なく、セット開始前に提出するサービスオーダー順に打ちます。
ラリーポイント制なのは一般と同じですが、各セットは21ポイント先取となっており、3セットマッチで2セット先取した方が勝ちとなります。
※20−20になればデュース、その後2ポイント連取した方がセットを獲得します。


1982年度からの新用語

当サイトは新用語を優先して使用しておりますが、一般的にはまだまだ旧用語が頻繁に使われていることが多いようです。(管理人自身も人と話すときは旧用語を使っていたり…。)

新用語 旧用語
フロントゾーン アタックエリア
バックゾーン (なし)
サービスゾーン サービスエリア
サイドバンド サイドマーカー
チームキャプテン キャプテン
ゲームキャプテン (なし)
キャッチボール ホールディング
ダブルコンタクト ドリブル
フォアヒット オーバータイムス
ペネトレーションフォールト パッシング・ザ・センターライン
オーバーネット
ポジショナルフォールト アウトオブポジション
ミスコンダクト テクニカルファウル
ラインジャッジ 線審(ラインズマン)
フラッグシグナル 線審ハンドシグナル
Page 1Page 2Page 3

このページのTOPへ

sports-rule.com