HOME >> 走る種目/1500m競走

スタート直後から激しいポジション争いが勃発。高度な駆け引き必至の1500m競走

1500m競走のルール

1500m競走とは

1500m競走はトラックを三周(1200m)と3/4(300m)走る中距離種目です。
短距離走とは異なり、この1500m競走は12名、もしくは15名で1組として競います。
スタートラインは第2コーナー出口(バックストレートの入口)に位置し、『オープンレーン』でスタートし、フィニッシュまで全てレーンに関係なく走ります。
オープンレーンなのでスタート直後から激しいポジション争いが始まるため、勝つためには自身の走力(速さ)だけではなく、同走する他選手との駆け引きも非常に重要となる種目です。
この1500m競走は世界記録と日本記録の差が男女ともに10秒以上もあり、オリンピックや世界選手権などでの参加標準記録が日本記録を上回っているため、日本選手には参加すること自体が困難な種目となっています。(;_;)

スタートについて

スタートは短距離種目のようにクラウチングスタートで行うのではなく、立ったままの『スタンディングスタート』で行います。
位置について』の合図でスタートラインまで進んでスタート姿勢を取り、静止します。全選手が静止したら号砲(ピストル)が鳴らされ、スタートします。
スタートの姿勢を取った後は声を出したり動いたりするような行為(腕をぶらぶらさせたりするのもNG)は禁止されており、もしそのような行為があればスターターはスタートを中止します。
この日本語での指示は実際は学校の体育レベルでしかなく、競技会などであれば『位置について』は英語で『On your marks(オン・ユア・マークス)』と言います。

フィニッシュについて

フィニッシュ(一般的にはゴールとも言われる)とは、『選手の胴体がフィニッシュラインの垂直線上に達した時点』とされています。
胴体とは頭・首・手足を除いた部分を指し、一般的には胸部が最初に到達します。また、フィニッシュラインは最も手前(スタートした方に近い)側の端に達せばOKです。
大きな大会では、スリットカメラと呼ばれるカメラ(フィニッシュラインを通過する瞬間だけを写し取る特殊なもの)を使った写真判定システムが採用されています。

世界記録 男子1500m競走 歴代5傑

タイム 名前 国籍 記録日
1 3分26秒00 ヒシャム・エルゲルージ モロッコ 1998年7月14日
2 3分26秒34 バーナード・ラガト アメリカ合衆国 2001年8月24日
3 3分26秒69 アスベル・キプロプ ケニア 2015年7月17日
4 3分27秒37 ヌールディン・モルセリ アルジェリア 1995年7月12日
5 3分27秒64 サイラス・キプラガト ケニア 2014年7月18日

日本記録 男子1500m競走 歴代5傑

タイム 名前 記録日
1 3分37秒42 小林 史和 2004年7月31日
2 3分38秒11 渡辺 和也 2008年5月31日
3 3分38秒12 松枝 博輝 2019年6月1日
4 3分38秒24 石井 隆士 1977年9月3日
5 3分38秒49 佐藤 清治 1999年5月22日

世界記録 女子1500m競走 歴代5傑

タイム 名前 国籍 記録日
1 3分50秒07 ゲンゼベ・ディババ エチオピア 2015年7月17日
2 3分50秒46 曲雲霞 中国 1993年9月11日
3 3分50秒98 姜波 中国 1997年10月18日
4 3分51秒34 郎営来 中国 1997年10月18日
5 3分51秒92 王軍霞 中国 1993年9月11日

日本記録 女子1500m競走 歴代5傑

タイム 名前 記録日
1 4分07秒86 小林 祐梨子 2006年9月24日
2 4分09秒30 杉森 美保 2005年4月9日
3 4分10秒00 吉川 美香 2007年5月5日
4 4分10秒08 陣内 綾子 2013年8月3日
5 4分10秒39 田村 育子 2002年6月23日

あなたへのおすすめ


sports-rule.com