HOME大相撲の用語解説

大相撲の用語解説/に

         
         
        
         
         


西
番付を二分した一方のことで、もう一方は『東』となります。『東西』は同等ではなく、西の方が格下になります。
二枚鑑札(にまいかんさつ)
現役の力士、または行司が年寄の業務も兼任することを言います。野球での『選手兼監督』に近いイメージです。
日本相撲協会
大相撲を主催している、プロの力士や行司などが所属している団体のことです。営利目的での大相撲運営だけではなく、相撲を競技として普及させるためであったり、相撲に関する文化の伝播なども目的として活動しています。
日本相撲連盟
大相撲をのぞいたアマチュアによる相撲大会などを運営している団体のことです。
このページのTOPへ

sports-rule.com