HOME決まり手と非技について送り引き落とし・割り出し・うっちゃり・極め出し

決まり手/特殊技


送り引き落とし

送り引き落とし(おくりひきおとし)
相手の背後に回り、自分の方に引いて尻もちをつかせるように倒すことを言います。
2000年12月に決まり手に追加された新しい技です。


割り出し

片手で相手のまわしを掴んで引きつけ、もう一方の手で相手のわきの下や上腕あたりを掴み、その手を強く押し込むようにして相手を土俵外へ出すことを言います。


打棄り(うっちゃり)

打棄り(うっちゃり)
土俵際まで相手に攻め込まれた時、俵に足をかけてこらえながら腰を落とし、相手を自身の体(腹)に乗せながら背中を左右いずれかに反るようにして相手を土俵の外へと投げだすことを言います。逆転技の代名詞とも言えます。


極め出し(きめだし)

極め出し(きめだし)
相手の『差し手』の肘などの関節を外側から巻き込んで動かないように固め、そのまま体を寄せていって相手を土俵外へ出すことを言います。極められた相手の関節には重い負荷がかかるため、故障の原因によくなる危険な技です。
土俵外へ出さず、土俵内で相手を転がした場合は『極め倒し(きめたおし)』と言います。
このページのTOPへ

sports-rule.com