HOME決まり手と非技について首投げ・一本背負い・二丁投げ

決まり手/投げ手


首投げ(くびなげ)

首投げ(くびなげ)
相手の首に自分の腕を巻き付けるようにして、体をひねりながら相手を振り回すようにして倒す、もしくは土俵外に出すことを言います。
積極的に自分から攻めていく技ではなく、逆に自分が土俵際に追い詰められた時に一発逆転を狙って捨て身で出すような技です。『首捻り(くびひねり)』とよく似た技です。


一本背負い(いっぽんぜおい)

一本背負い(いっぽんぜおい)
相手の片手を両手で掴み、相手を背負うようにして投げ倒す、もしくは土俵外に出すことを言います。柔道の一本背負いと基本的に同じです。




二丁投げ(にちょうなげ)

二丁投げ(にちょうなげ)
相手の片足に自身の足を絡ませるようにかけ、相手を吊り上げるように持ち上げます。それにあわせ、絡ませた足も払い上げるようにして相手を倒す、もしくは土俵外に出すことを言います。この技が決まると相手は空中に一度浮くような形になり、大きく回転するように倒れます。
『二丁』とは『二本足』を差し、この技で投げられると相手の両足が浮くようになることからこの名前がついたようです。
このページのTOPへ

sports-rule.com