6人制バレーボールのルール

6人制バレーボールのルールと用語の紹介サイト

用語解説/オ

オーバーハンドサーブ
腕を振りかぶり、野球の投球フォームに近いようなイメージで腕を振って肩より高い位置でボールを打つサーブのことです。コントロールしやすく、またボールに対して変化もかけやすいサーブです。
オーバーハンドトス
手のひらを開き、指先と手首を柔らかく使ってボールを上げるテクニックのことです。主にアタックに繋げるために使われる為、セッターには精度の高いテクニックが求められます。
オーバーネット(ペネトレーション フォールト)
ネットを越えて相手コートの領域にあるボールを打ってしまう反則のことを言います。
ボールが相手コートの領域にあっても、手がネットを越えてなかったり、自コートの領域にあったボールを打った後に手がネットを越えたりした場合は問題ありません。(ネットを越えた手が相手プレーヤーの動きを妨害すれば反則になります。)
また、相手チームが返してくるボールをブロックする場合も反則にはなりません。
オープン攻撃
セッターとアタッカーの距離を長くとり、コートを左右に広く使って攻撃することを言います。セッターは放物線を描くように大きくトスをあげ、アタッカーがそのトスのタイミングに合わせてスパイクを打ちます。
オポジット
『反対側の』を意味する言葉で、バレーボールではセッターの反対側、対角にあたるポジションで攻撃専門のプレーヤーのことを言います。スーパーエースとも言います。

▲このページのTOPへ
PC運営者について   MAILお問い合わせ