6人制バレーボールのルール

6人制バレーボールのルールと用語の紹介サイト

用語解説/イ

イエローカード
審判への執拗な抗議や、相手チームへの威嚇行為、故意的な遅延行為などに対して、先ずは主審が口頭で警告を行います。イエローカードはその後に同様の行為が繰り返された場合に出されるカードです。このカードを出された後、さらに違反行為を繰り返した場合にはレッドカードが出され、相手チームに1得点が入り、サーブ権も相手チームに移ります。
インターフェア
完全に相手コートにあるボールを、ネットの下から手を伸ばして触れる反則を言います。
ネットの上を越えて相手コートに入ったボールには当然触れてはいけませんが、自チームのプレーヤーがはじいたボールがネットの下を通過しようとしている場合は、完全に相手コートに入っていなければ(ネットの真下より少しでも自チームサイドにボールがあれば)、自チームにはじき返しても問題ありません。また、この場合は相手チームのプレーヤーが、このはじきだす行為を邪魔すれば、逆にこの相手チームのプレーヤーがインターフェアになります。
インナースパイク
クロススパイクの中でも、特に鋭角にアタックラインよりネット際に突き刺さるように打たれるスパイクのことです。
インプレー
サーブが打たれてからボールデッドになるまでの、プレーが継続している状態のことです。

▲このページのTOPへ
PC運営者について   MAILお問い合わせ