6人制バレーボールのルール

6人制バレーボールのルールと用語の紹介サイト

6人制バレーのルール/Page 3

【Page 1】 【Page 2】 【Page 3】 【Page 4】

選手人数

1チームにつき、スターティングメンバー6人、交代メンバー6人以内、合計12人以内のプレーヤーが認められています。その12人の中にリベロプレーヤーを1人登録できます(中学・高校では2人まで可)。また、チームにはプレーヤー以外に監督やコーチなどが入ります。
12名の中には、チームキャプテンとゲームキャプテンが必要です。
チームキャプテンはいわゆる“主将”で、チームの代表です。チームキャプテンがコート内にいる時はゲームキャプテンも務めます。チームキャプテンがコート内にいない場合は、ゲームキャプテンをコート内にいるプレイヤーの中で決めます。
ゲームキャプテンとは、プレーがストップしている(ボールアウト)時に、選手交代やタイムアウトの要求をしたり、判定に関する質問等を直接審判に対して言える唯一のプレイヤーです。逆に言うと、ゲームキャプテン以外のメンバーは審判に対して直接話しかける事はできません。
※選手交代やタイムアウトの要求は監督も行えます。


選手交代とタイムアウト

1セットにつき、6回まで選手交代ができます。1対1の交代を1回と数えますので、2人ずつなら2回、3人ずつなら3回と数えられます。(リベロプレーヤーとの交代は、この6回の回数には数えません)
なお、スターティングメンバーは、ベンチに退いた後に同一セットで1度だけコートに戻ることはできますが、自分と交代して入ったプレイヤーとしか交代できません。また、選手交代でコートに入ったプレイヤーがベンチに戻った場合はそのセットではもうコートに入る事はできません。
タイムアウトは、1セットにつき2回まで取ることができます。監督かゲームキャプテンが審判に要求して行なわれます。1回につき30秒間ですが、2回分をまとめてとることも可能です。
なお、公式国際試合では、テクニカルタイムアウトと言って要求できる2回とは別にタイムアウトがあります。テクニカルタイムアウトは、リードしているチームが8点と16点に達した時に自動的にとられます。それぞれ60秒間ずつで、第5セットにはテクニカルタイムアウトはありません。

リベロプレーヤーとは

リベロプレーヤーはとても特殊なポジションで、守備(主にレシーブ)のスペシャリストです。
リベロプレーヤーは、
という他のプレーヤーとは違うルールが適用されます。
さらに、守備専門のプレーヤーですので、リベロプレーヤーはネットより高い位置にあるボールに触れることは出来ません。つまりスパイクやブロックは出来ません。サーブを打つことも出来ません。また、リベロプレーヤーがフロントゾーン内でトスをあげて他の選手が攻撃をする、というプレーも反則となります。(アタックラインより後方からのトスならOK)

【Page 1】 【Page 2】 【Page 3】 【Page 4】
▲このページのTOPへ
PC運営者について   MAILお問い合わせ