6人制バレーボールのルール

6人制バレーボールのルールと用語の紹介サイト

6人制と9人制の違い/Page 2

【Page 1】 【Page 2】 【Page 3】

ゲームの基本と進行の違い

勝敗の違い

6人制 原則5セットマッチ、3セット先取で勝利
9人制 原則3セットマッチ、2セット先取で勝利

1セットでの必要ポイントの違い

6人制 第4セットまでは25ポイントを先取した方がセットを取得、第5セットのみ、15ポイントを先取した方がセットを取得。
※第4セットまでは24-24になればデュース、第5セットは14-14となればデュースとなり、何れの場合も2ポイント連取した方がセット取得。
9人制 21ポイントを先取した方がセットを取得。
※20-20となればデュースとなり、2ポイント連取した方がセット取得。

ローテーションの違い

6人制 サイドアウト時
9人制 なし

ボールを打てる数の違い

6人制 自陣コートに入ってきたボールは3回以内で相手コートにボールを返さなければならない。
9人制 自陣コートに入ってきたボールは3回以内で相手コートにボールを返さなければならない。ネットプレー(ボールがネットに触れるプレー)があれば4回まで可能。

後衛のプレー範囲の違い

6人制 ブロックへの参加と、フロントゾーンでの攻撃が認められていない。
9人制 特に制限はない。

選手交代の違い

6人制 1セットに6回。スターティングメンバーは同一セットで一度だけ同じポジションに戻れる。リベロの交代は無制限。
9人制 1セットに3回。スターティングメンバーは同一セットで一度だけ同じポジションに戻れる。

【Page 1】 【Page 2】 【Page 3】
▲このページのTOPへ
PC運営者について   MAILお問い合わせ