サッカーのルール

サッカーのルールと用語の紹介サイト

ルールについて/Page 2

Page 1 Page 2 Page 3 Page 4 Page 5

ボールの扱い方について

サッカーはGK以外のプレーヤーは手以外でボールを扱わなければなりません。手を使っても良いのはアウトオブプレーの時やスローインの時など、限られた条件下だけです。ボールの動きは基本的に足でコントロールしますが、頭や胸などを使う場合もあります。
ボールを足で蹴る『キック』、ボールを蹴りながらボールと一緒に走る『ドリブル』、頭やおでこで叩くようにしてボールを扱う『ヘディング』、胸や足でボールを受け止める『トラップ』などでボールを扱います。

得点について

ボール全体がゴールの中(ゴールポストの間とクロスバーの下でゴールラインの外の空間)に入れば1得点となります。得点するためにゴールにボールを放つことをシュートと言い、得点することはゴールとも言います。
基本的に敵陣ゴールにシュートを行って得点を重ねますが、まれにミスキックやボールが体に当たったりすることにより自陣ゴールにボールを入れてしてしまい(自殺点)失点してしまうことがあります。
得点になるかどうか
(1)の場合はボールの一部だけ、(2)の場合はボールの半分だけ、(3)の場合でもボールの一部がまだゴールに入っていなので、(1)〜(3)はすべて得点としては認められません。(4)のようにボール全体がゴールの中に入った状態のみ得点として認められます。

インプレーについて

正しくは『ボールインプレー』と言い、プレーを行える状況のことです。逆にプレーを行えない状況は『(ボール)アウトオブプレー』と言います。アウトオブプレーになるのは、 このいずれかの状況の時です。

Page 1 Page 2 Page 3 Page 4 Page 5
▲このページのTOPへ
PC運営者について   MAILお問い合わせ