ラグビーのルール

ラグビーのルールと用語の紹介サイト

用語解説/シ

シザース
パスを出すプレーヤーとパスの受け手が交差するように走り、交差する瞬間にパスを出すことで、スムーズでスピーディーな方向転換が可能です。『クロス』『スイッチ』とも言います。
ジャッカル
タックルを受けて倒れたプレーヤーのボールを素早く奪い取るプレーのことです。相手の攻撃の芽を摘み、素早く反撃に転じることが可能なテクニックです。
シャローディフェンス
ディフェンスラインを素早く上げていくディフェンス戦術のことです。基本的には攻撃側と同数、もしくはそれ以上のディフェンス要員がそろっている守備側優位の状況で行われます。ただ、人数が多くなるので全員の意思疎通・意思統一が非常に重要で、プレーヤー同士の間隔やボールに詰めるタイミングをしっかり合わせて行う必要があります。
10mオフサイド
自チームが攻めている時、ボールが前方に蹴り出されれば、蹴ったプレーヤーより前にいたプレーヤーはオフサイドポジションにいることになります。そのため、ボールを拾いに行くなど、プレーに参加することが出来ません。プレーへの参加は、ボールの落下地点よりいったん10m自陣に戻ってからでないと認められません。
10mライン
ハーフウェイラインから10m離れたところに平行に引かれているラインです。キックオフでは敵陣のこのラインを越えるように蹴らなければいけません。もし越えなければ の何れかをキックオフをしなかったチームが選びます。ただし、越えなかった場合でもキックオフをしなかったチームがプレーを続けた場合はそのまま試合を進行します。
ショルダーチャージ
つかまえようとせず、肩や肘から相手にぶつかっていく危険な反則行為のことです。
シンビン
悪質・危険なプレーを犯したり反則を繰り返したりした選手をレフリーが強制的に一時退場(15人制では10分間/7人制では2分間)させることです。シンビンのシンは『罰』ビンは『入れ物』の意味で、シンビンはこの2つを合わせた造語です。

▲このページのTOPへ
PC運営者について   MAILお問い合わせ