ラグビーのルール

ラグビーのルールと用語の紹介サイト

用語解説/ノ

ノーサイド
試合終了のことを言います。試合が終わると、敵味方の隔てはなくなります。ノーサイド(No-Side)、壁がなくなる、そういう意味でラグビーの試合終了の笛は吹かれます。
このノーサイドの笛が鳴れば、敵も味方も関係なく、同じラグビーを愛する者として、健闘を称え合う。ラグビーという球技を表す最も象徴的なものが、このノーサイドです。
ノックオン
ボールを所持していたプレーヤーがボールを前に落としてしまったり、パスを受けようとしたプレーヤーが受け損なって前にボールを落としてしまうことを言います。相手ボールでのスクラムで再開します。
ノックオンオフサイド
オフサイドの反則のひとつで、ノックオンしたボールにオフサイドの位置にいたプレーヤーが触れてしまうことです。わざわざオフサイドプレーヤーがノックオンのボールに触れにいくことはないので、あまり見ることはないですが。(^^;
ノット1m
ラインアウトの時に相手と1m以上離れなかった場合に取られる反則で、フリーキックで再開します。
ノット5m
ラインアウトで投げ入れるプレーヤーがタッチラインから5m内側まで投げ入れない場合に取られる反則で、フリーキックで再開します。
ノット10m
ペナルティキック、フリーキックを蹴る時は、守っている側のプレーヤーは、ボールの蹴られる地点より自陣に10m以上戻らないといけません。10m戻らずにプレーに参加するとノット10mの反則になります。もし10m戻る前に素早くキックしてプレーを再開された場合は、10m以上戻っていたプレーヤーが、10m以上戻れなかったプレーヤーより前に進んだ(追い越した)時点でゲームに参加できます。
この反則をすると、最初に反則があった地点から前方に10m進んだ地点でペナルティキックが与えられます。ノット10mの反則後のキックでは、守っているプレーヤーが10m以上戻るまで、審判はゲームを再開してはいけません。(ノット10mの繰り返しで、どんどん前に進むということはありません)。
ノットストレート
スクラムやラインアウトの時に、ボールを投げ入れるプレーヤーが両チームの間にまっすぐ投げ入れなかった場合を言います。相手ボールでのスクラムで再開します。
ノットリリースザボール
タックルを受けて倒されたプレーヤーが、ボールを手放さなかった場合の反則です。タックルを受けたプレーヤーはプレーの続行が禁止されているので、ボールは速やかに手放さなければなりません。この反則を犯せば相手チームにペナルティキックが与えられます。
ノットロールアウェイ
タックルを仕掛けたプレーヤーがすぐに立ち上がらず、相手を離さずに次のプレーの妨害をした場合にとられる反則です。この反則を犯せば相手チームにペナルティキックが与えられます。
ノーボールタックル
ボールを持っていないプレーヤーに対してタックルしてしまう反則のことです。タックルを仕掛ける相手がパスを受ける前、もしくはパスを出した直後などによく起こります。

▲このページのTOPへ
PC運営者について   MAILお問い合わせ