ラグビーのルール

ラグビーのルールと用語の紹介サイト

用語解説/ミ

右ウイング(14番)
バックスの右端で、左ウイングと同様、スピードが最も重要視されるポジションです。自陣深くから敵陣深くまで走り込むこともありますので、瞬発力だけでなく、ある程度のスタミナのあるスピードが必要となります。
右センター(13番)
バックスの中央右側のポジションです。左センターと同じで、突破力とディフェンス力、スピードとパワー、両方が必要とされます。
右フランカー(7番)
スクラムを組む時に、後方右端から押し込むプレーヤーです。スクラムにも参加し、左フランカー同様に、大変体力のいるポジションです。
右プロップ(3番)
スクラムを組む時に、最前列/右側で相手フォワードを組み合うプレーヤーで、体重も重く、がっしりした体型の人が向いています。チームの中で最重量プレーヤーが担うことの多いポジションです。タイトヘッドプロップとも呼ばれます。
右ロック(5番)
スクラムを組む時に、左プロップとフッカーの後方から押し込むプレーヤーです。がっしりとした体型で、身長の高いプレーヤーが向いています。長身を活かし、ラインアウト時のジャンパーや、キックオフで蹴られたボールの受け手などを担います。

▲このページのTOPへ
PC運営者について   MAILお問い合わせ