ゴルフのルール

ゴルフのルールやマナーと用語の紹介サイト

ゴルフ場について

一般的なゴルフ場は、クラブハウスという建物と、プレーをするための18のホールで構成されています。このコーナーでは、ゴルフ場のコースレイアウト例をイラストをもとに紹介しています。

ゴルフ場のコースレイアウト例

ゴルフ場はクラブハウスを中心としてアウトコース(1〜9番ホール)とインコース(10〜18番ホール)に分かれており、両コースには休憩に立ち寄れる『茶店』と呼ばれる施設が用意されていたりします。
ゴルフ場全体のレイアウト例
     
■ グリーン ■ フェアウェイ ■ ティーグランド
■ ラフ ■ バンカー ■ ウォーターハザード
■ 木などの障害物
このイラストの(1)〜(9)がアウトコースの各ホール、(10)〜(18)がインコースの各ホールとなります。
多くのゴルフ場では1つのホールにグリーンが2つ用意されており、Iが記されていない方のグリーン(サブグリーン)は多くの場合、グリーンではなく修理地扱いとなります。


▲このページのTOPへ
PC運営者について   MAILお問い合わせ