野球のルール

野球のルールと用語の紹介サイト

ストライクゾーン


ストライクゾーンについて

ストライクゾーンとは、『本塁ベース上』で、『打者の膝頭の下を通る地面と水平の線』と『打者の肩とズボンの上端の中間部分(みぞおちぐらいになりますね)を通る地面と水平の線』で挟まれた空間となります。(草野球や少年野球などでは異なる場合もあります)
なお、ストライクゾーンは打者がボールを打ちにいこうとした時の姿勢で確定するもので、打者がバッターボックスに入って構えただけの状態ではストライクゾーンは確定していないことになります。
※イラストは右打者を想定していますので、左打者の場合、左右逆になります。

ストライクゾーン

ストライクゾーンの中(ストライクゾーンの少し外側を含む場合もあります)でも細かく位置をしめしたい場合は以下のように表現します。

【左右を表現したい場合】
(1)(4)(7):内角/インコース
(3)(6)(9):外角/アウトコース
【上下を表現したい場合】
(1)(2)(3):高め/ハイ
(7)(8)(9):低め/ロー
【左右上下を組み合わせて表現したい場合】
(1):内角高め/インハイ
(3):外角高め/アウトハイ
(7):内角低め/インロー
(9):外角低め/アウトロー
【その他】
(5):ど真ん中


▲このページのTOPへ
PC運営者について   MAILお問い合わせ