HOME素材別料理レシピなんちゃってゴーヤチャンプルー

なんちゃってゴーヤチャンプルー

01
栄養バランスに優れたゴーヤチャンプルーを
めんつゆを使った味付けでお手軽にどうぞ。

《材料》
ゴーヤ1/2本/にんじん50g/豆腐1丁/スパムミート100g
卵1個/サラダ油30cc/めんつゆ適量/塩少々

01
02
03

にんじんを1mm弱ほどの薄い短冊切りにします。
ゴーヤのわたをスプーンなどを使って取り除きます。
1〜2mmほどに切ったゴーヤに軽く塩を振りまぜます。


04
05
06

スパムミートを2mmほどの短冊切りにします。
塩を振って数分したゴーヤを軽く絞って水気を切ります。
サラダ油をひいて熱したフライパンでゴーヤを炒めます。


07
08
09

時々あおりながら3分ほど強火で炒めたら、にんじんとスパムミートを加えます。
混ぜるようにして1分ほど炒めた後、豆腐を入れ、めんつゆで調味します。
あおりながら3分ほど炒め、水気がなくなってきたら溶き卵を混ぜ入れます。


ゴーヤチャンプルー
卵が半熟ぐらいになったら器に盛って出来上がり!
料理のポイント
  • ゴーヤの苦味がニガテな方はわたの部分を丁寧に取るとだいぶ苦味が抑えられます。
  • ゴーヤの塩もみは苦味を逃すためですが、同時にビタミンなども失われてしまうので、苦味が平気な方は塩もみの過程は抜きの方が栄養面で優れます。実はワタシも塩もみしたくないのですが、ヨメが苦味がニガテなのでやむなく(笑)処理しています。
  • スパムミートはコーンビーフや豚肉などでも代用できますが、やはりスパムミートで作った方がゴーヤチャンプルー『っぽい(笑)』感じがします。
  • 溶き卵を流し入れた後は軽くフライパンを揺する程度で他の食材とからませてください。あおったりヘラで混ぜ合わせたりするとポソポソと炒り卵のようになってしまいます。半熟程度に固まった時点でフライパンからすべり落すような感じで皿に移すと、卵が親子丼のそれのようにトロリと上手にからみます。
  • 味付けはめんつゆだけですが、スパムミートの塩気と相性が良く、不思議とそう手抜きしたようにはなりませんのでゼヒ一度お試しください。

このページのTOPへ

sports-rule.com