HOME素材別料理レシピ麻婆豆腐

麻婆豆腐

01
挽肉と豆腐で体づくりのモトとなるタンパク質を。
強火でしっかり炒めると香りと旨みが増します。

《材料》
豆腐1丁/牛豚合挽肉120g/ニンニク1かけ/生姜の薄切り1枚
味噌20g/豆板醤適量/料理酒50cc/みりん30cc
中華だしのもと適量/水溶き片栗粉

01
02
03

生姜とニンニクをそれぞれみじん切りにしておきます。
豆腐は立方体を半分にしたような直方体になるように切り分けます。
ボウルなどに味噌/豆板醤/料理酒/みりんを入れて混ぜ、タレを作っておきます。


04
05
06

中火で熱したフライパンで挽肉を炒めます。あまりこまめに混ぜず、あえてしばらくそのままにして焦げ目をつけた方が香りが立って美味しくなります。
挽肉にあらかた火が通ったら、きざんでおいたニンニクと生姜を入れ、混ぜるようにしてさらに炒めます。ここまでは中強火ぐらいで。
挽肉にニンニクと生姜が混ざったら、豆腐を入れて中華だしのもと適量をふり、タレを注ぎ入れます。ここからは強火でぐつぐつと煮るようにして炒めます。


07
08
09

豆腐がひっかりかえるように何度かあおりながら、強火でしっかり炒めます。
強火でぐつぐつと沸騰させた状態を保ち、豆腐にもしっかりと味をしみこませます。
タレの水分がおおかたなくなれば水溶き片栗粉を流し入れ、トロミをつけます。


麻婆豆腐
器にもって出来上がりをアツアツで!お好みで刻みネギを散らしてください。
料理のポイント
  • 挽肉は合挽肉でなくても、牛だけでも豚だけでもかまいません。牛だけですと肉の風味が強く、豚だけだと淡白な感じになります。鶏は脂分がほとんどないのであまり適していません。
  • 豆腐はお好みのものをお使いください。絹ごしだとツルッとした食感が楽しめ、木綿だと煮崩れしにくいという利点があります。
  • 挽肉を炒める際ですが、テフロン加工されたものなど、素材が焦げつきにくいものであれば油はひく必要がありません。挽肉から油が出ますので、その油がその他の食材にもしっかりまわります。
  • 一般的にはニンニクと生姜は挽肉より先にいためるようですが、先に炒めると焦げて風味が飛んでしまいますので、挽肉の後に炒めた方が風味が残ります。
  • 水溶き片栗粉は片栗粉1に対して水が3ぐらいの比率で作り、この水溶き片栗粉を入れる量によってトロミの強さを加減してください。火を止めた後もじゃっかん固まりますので、鍋で調整してる時には気持ちユルメぐらいの方が良いかと思います。

このページのTOPへ

sports-rule.com