HOMEバスケットの用語解説/ホ

バスケットの用語解説/ホ

         
         
        
         
         

Google
 

ポジション
プレーヤーを役割ごとに名称や番号で区別したものです。それぞれの名称と番号は以下となります。
  • ポイントガード(PG/1番)
  • シューティングガード(SG/2番)
  • スモールフォワード(SF/3番)
  • パワーフォワード(PF/4番)
  • センター(C/5番)
それぞれの役割などについては、『ポジションにはどんな種類があるの?』で詳しく説明していますので、そちらをご覧下さい。また、単純にその『場所(ポジション)』を指し示す場合もあります。
ポスト
制限区域をしめすライン付近のエリアをまとめてこう言い、さらにバスケットに近い場所を『ローポスト』、フリースローライン付近を『ハイポスト』、この中間あたりを『ミドルポスト』と区別して言います。
ポストアップ
オフェンス側のプレーヤーがポストエリアでディフェンダーを押しのけるようにして、そのエリアでの有利な位置を奪うことを言います。
ポストプレー
オフェンス側のプレーヤーがポストエリアで行うプレーのことを言います。センターなど大柄なプレーヤーが行うことが多いです。
ポゼションアロー
正式にはオルタネイティブポゼションアロー。次にスローインが与えられるチームを示す器具のことを言います。
ボックス・ワン
ディフェンスのシステムの1つで、1人のプレーヤーはマンツーマン、残りの4人で正方形のゾーンを作って守ることを言います。
ホールディング
相手プレーヤーがボールを持っているかどうかに関わらず、押さえつけたり掴んだりして相手プレーヤーの動きを邪魔するファウルのことを言います。
ボールマン
ボールを保持しているプレーヤーを言います。
ポンプフェイク
主にゴール下で、体をフッと持ち上げ、シュートをうつふりをしてディフェンダーを惑わすシュートフェイクのことを言います。
このページのTOPへ

sports-rule.com