HOME5人制との違い

5人制との違い


同じバスケットボールですが、3人制の3x3と5人制バスケットボールではルールの違いも多くあります。それらの違いを項目ごとに分けて表にしてこのページでは紹介しています。

チームの人数

3x3 4名以内 5人制 12名以内

コートの大きさ

3x3 横15m×縦11m 5人制 横15m×縦28m

ボールの大きさ

3x3 大きさは6号球(周囲72〜74cm)で重さは7号球(580〜620g)の専用球
5人制 中学生上の男子は7号球/中学生上の女子は6号球/ミニバスは5号球

得点

3x3 アーク内での得点は1点/アーク外からの得点は2点/フリースローは1点
5人制 スリーポイントライン内での得点は2点/スリーポイントライン外からの得点は3点/フリースローは1点
※『アーク』と『スリーポイントライン』は同じラインですが3x3と5人制で名称が異なります。

試合時間

3x3 10分の1本のみで、21点先取で試合終了のKO方式を採用
5人制 10分のクォーター(ピリオド)を4本(合計40分)

延長戦

3x3 2点先取で勝利
5人制 5分間で得点を競い、勝敗(得点差)がつかなければ再度5分間の延長戦。
以後、勝敗がつくまで繰り返す

タイムアウト

3x3 30秒を1回のみ
5人制 前半(第1・第2クォーター)で2回、後半(第3・第4クォーター)で3回

ショットクロック

3x3 12秒 5人制 24秒

個人ファウルの累積によるペナルティ

3x3 なし 5人制 累積5回で退場

チーム・ファウルの累積によるペナルティ

3x3 7〜9回目はフリースロー2本、10回目以降はフリースロー2本に加え攻撃権
5人制 各クォーターで5回目以降はフリースロー2本

得点後の攻守交替

3x3 攻撃側となるチームがアーク外までボールを運んでから攻撃
5人制 攻撃側となるチームがエンドラインの外からスローインして攻撃
※3x3ではリバウンドやスティール後もアーク外までボールを運んでからの攻撃となります。

ボールがコート外に出た場合

3x3 チェックボールで再開
5人制 サイドラインorエンドラインの外からのスローイン

どちらがボールを保持しているか分からなくなった場合

3x3 守備側だったチームのチェックボールで再開
5人制 ジャンプボール・シチュエーションとなってスローインで再開
(ジャンプボール・シチュエーションごとに両チーム交互でスローイン)

選手交代

3x3 チェックボールの前に選手同士で自由に行う
5人制 選手がオフィシャルに申告した後、オフィシャルが交代指示

あなたへのおすすめ

このページのTOPへ

sports-rule.com